花のある暮らし



華やかなバラと癒しの宿根草

7月1日 まさにバラの季節です 平地の一ヶ月遅れで

 梅雨の中休みのこのとき 二十五・六度の陽気で一気にバラが咲き乱れて
宿根草の海の中でバラが華やかに咲く 望むべくも無い世界になってきました

 疲れてしまうバラ園 パンチが欲しい宿根草の庭
カラーリーフの彩りとこの地に生える原種の草花を見ていて思う事なのですが・・・

シシングハースとかキフツゲートとか・・イギリスの庭で味わったあの感動は何なのか
いつも考えていますが 華やかの中にもほっとするナチュラルのところなのではと思うのです
そこに憩いを求めて多くの男女が訪れていて 心のゆとりのある生活の一部になっています

 どの庭にもある銅葉のぶなの大木 あじさいの優しい雰囲気 風にそよぐ風知草やカラーリーフ
これらを見ていて 風知草やゲラニュームも 百合やあじさいも ハマナスやノイバラも
ギボウシやしそ・ゲンノショウコも・・日本は原種の宝庫ではないのか
日本の野山に咲く草や木は、ただで、価値が無いと思ってしまう日本人
原種と改良種とを集めるだけで 日本の庭は世界に誇れるな
などと 帰ってきてうちの庭を見て 果たせぬ夢を見ているのです

 日本にもいつかあのキフツゲートを造れるような壮大な構想力を持つ人が出てきてもらいたい
大英帝国の繁栄の賜物とはいえ イギリスで出来た事が資源豊かな日本で出来ないわけはない
その人の出るのを待とう でも千分の一ぐらいでも私たちにも出来ないかな
ほっとする華やかな庭 野原のような混沌としていながらうきうきする華やかさ
若く体力があって 知識と構想力 資金と実行力のある人 何より花を愛する人
出て来て欲しい 成熟した日本だからこそ!
私たちも少しでも何か出来るのではないかと思って がんばってしまいます

 何はともあれ 今は一番花の終ってきたバラの庭です


ポールズヒマラヤンムスクと
 フランソワーズジュランビル
e0017562_1251187.jpg
クレマチスハグレーハイブリットとレオナルドダビンチ
e0017562_1262519.jpg


シティオブヨークのアーチ
e0017562_1272951.jpg
ロサムンディ、シャンテロゼミサト
e0017562_1284653.jpg


カンパニュラ
e0017562_12192654.jpg
メドーセージ
e0017562_12201727.jpg


ギボウシ・ビッグダディ
e0017562_12214073.jpg
シダルセア
e0017562_12223346.jpg
[PR]
by mfthirano | 2010-07-02 00:44 | ばら | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mfgarden.exblog.jp/tb/12889521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-07-04 00:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< オープンガーデン存続のお願い バラのある風景 >>


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧