花のある暮らし



早かった梅雨明けからやっと夏の庭に

7月25日 ベルガモットやフロックス花魁草が咲き始めました

 今年は久し振りに真夏が来るのが早く
草花の方がやっと季節に追いついたという状況でしょうか
夏の日差しの下で バラたちは花後剪定の前から 次の芽が出ていたりして
八月末のバラに期待が膨らんでいます
花盛りのアナベルあじさいや山あじさい、宿根草、咲き続けるくクレマチスなど
花のある庭ですが どうも見栄えがしませんでした
終った花の実りの為、枯れ草が残っていたり
刈り取った後若芽が小さくてぽっかり開いてしまったり
あっという間に黒点病が広がったり とか 手入れに気を抜くとすぐに見咎められます
なんとかしてやっと草たちも生えそろいだし 夏の庭らしく変わってきました

 先日はUさんご夫妻がお出でになりました
6~7月30泊のスコットランドの旅から戻って
6600キロに及ぶプライベートな花の旅のお話を伺いました
スコットランドは北海道北部くらいの気候条件なのでしょうか
短い夏の長い一日 そこで暮らす人々の歴史と伝統(祭りや遺跡)を
垣間見させていただき 旅行記本では味わえない楽しいお話を伺いました
100箇所以上の庭園や個人の庭を東京で予約して訪ねたとのこと
日本語のナビが使えた便利さなど 達人の話に時間も忘れてしまいました
庭つくりの連綿とした伝統・基本の蓄積という点で 彼我(英日)の違いを感じます
今の日本では さつきやもみじに石といった日本の庭つくりの伝統に飽き足りなくなって
新たなる「ジャパニーズガーデン」の様式を模索しているところなのでしょうか

 山中湖は今が一番いいときです
「華麗なるアリバイ」を見るため渋谷を10分歩く もう汗だくです
ビルの谷間でクーラーや車の排ガスがまとわり付く熱気と喧騒
クーラーの無い山中湖の生活 30度を超えない日々では
身体が軟弱になっていると感じてしまいます
河口湖でも36度になるこのごろ 
テニスやサッカーの合宿でにぎわう山中湖は 今 別天地です


アナベルと山あじさい
e0017562_1091594.jpg
白花松本センノウ
e0017562_10111839.jpg


あじさい お多福
e0017562_10123190.jpg
あじさい
e0017562_10133597.jpg


ホリホック
e0017562_10142340.jpg
ニコチアナ
e0017562_1016230.jpg


ルドベキア
e0017562_10171069.jpg
クレマチス篭口            ベティーコーニング
e0017562_10185764.jpg


夕日に色づくスモークツリー
e0017562_10245137.jpg
シダルセア
e0017562_1026037.jpg


富士の裾野と南アルプスと夕焼け
e0017562_10272747.jpg

[PR]
by mfthirano | 2010-07-25 06:22 | 夏の庭
<< 夏の庭も花で賑やか 自然の中の花の命は 短い >>


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧