花のある暮らし



十年にしてまだまだ庭つくり

11月4日  今年の庭をとった写真で来年見られなくなるところがいろいろ出そうです

 秋の風とともに 来年こそはいい庭を と手入れ中です

 周囲で、家が出来るとそこに咲いていたスミレやマイヅルソウやアケビなど全て消えてしまい
この地の自然が失われた庭になってしまうのが現状です
自然のままを生かしたいと始めたナチュラルガーデンも変わってきています

 ボタニカルアート展で「野ブドウと色づいた葉」の絵を鑑賞しました
 その作者から
 「 絵を描いていて、これで完成ということはない、
  いつまで どこまで描きこむか、
  自分が納得できるまでの経過と、
  ここまで、という決断がいつでもある」
とうかがいました
 「 一番いいものは次の作品だ」 
という創るものの気持ち
私どもの庭いじりも同じなんだな~と感じます

 毎年秋になると半年後の絵を思い描いて手を入れる
ナチュラルガーデンも変化してバラのアーチになる
最初にしっかりデザインしていればということになるのですが
変化の結果としての庭 それ自体を楽しむ庭つくり です

 晴れの特異日の11月3日 初霜で霜柱がきらきらと光りました
山中湖畔の紅葉祭りも色づいてやっとよくなってきました
落葉と枯れ草の庭 侘び寂びの世界も風情が有りますが
来年への思いを引き出してくれる庭です


バラ シーホーム
e0017562_10295198.jpg
バラ ラベンダーラッシー
e0017562_10305539.jpg


サルナシ
e0017562_10325051.jpg
バラ
e0017562_103473.jpg


ダリア
e0017562_1035047.jpg
富士アザミ
e0017562_10363019.jpg


目薬の木
e0017562_1039319.jpg
冠雪の富士
e0017562_10401838.jpg
[PR]
by mfthirano | 2010-11-04 05:15 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mfgarden.exblog.jp/tb/13566409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冬眠する生命の力 山の幸 庭のなら茸 >>


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧