花のある暮らし



芽立ちの雨で春の訪れ

4月20日  今夜もまだ-3℃とのこと 今年は厳しい

 “もう涙を流しているときは過ぎた”被災地の人は言っています
“野菜が作れないのならバラを作ってはどうか”
コマツガーデンのオーナーさんは言っています
チェルノブイリ原発事故から4月26日で25年
いまだ30㎞圏では立ち入り禁止が続き 原発は生きています
「ポレポレ東中野」のチェルノブイリ特集は今年は2週間上映とのこと
今や「原発神話」を支えた者の総退陣と事の本質を見極める時ではと思います

 300年前の宝永の東海・東南海地震の50日後に富士山が爆発
この山中の地は2~3m火山灰が積もったようです
必ず来るこの時にどこにどう逃げるのかなどと
毎日の余震の中で眠れなくなります

 重苦しい1ヶ月が過ぎ 庭に春の花が次々顔を出すと
やっと春の空を見上げられるようになります
春のバラの生き生きした新芽やつぼみの便りを見ると ほんとにうらやましいです
ひどい枯れ込み 芽の出ない枝に“バラはもうやめ”と叫びます
それでも根元から赤い芽が出てきて ここからだと思うのです
あんなに長い間荒涼としていた庭に一雨ごとに緑が増えるのは
極寒の地ならではの喜びです

 例年のようにバスツアーの庭めぐりの連絡が入ります
花の雑誌に記事が載ります
さあこの一か月で緑一面の庭になると勇み立って
手足が痛いのも忘れて手入れに入ります
この時がいい時なのです


こぶし
e0017562_0151498.jpg



クリスマスローズ
e0017562_0193814.jpg
ショウジョウバカマ
e0017562_0175567.jpg


チオノドクサ
e0017562_22351133.jpg
雪割草
e0017562_0264280.jpg


玉咲桜草
e0017562_0223416.jpg
プリムローズ
e0017562_025738.jpg
[PR]
by mfthirano | 2011-04-20 23:00 | ガーデンの目覚め | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mfgarden.exblog.jp/tb/14641801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あけ at 2011-04-22 20:26 x
毎年、枯れ込む薔薇・・・・・寒冷地の方はみなさん苦労していますよねぇ~。
でも、やっぱり今年もMFGadenに行きたいんです。
そういう人がいっぱいいると思います。
今年はモンタナが満開の頃に声をかけてください。
Commented by mfgarden at 2011-04-23 18:23 x
あけさん
有難うございます。
今年は10日~15日~20日位に是非お出で下さい。
ゆっくりおしゃべりしたいです。
オープンガーデンは25日~です。
良い時期にお声を掛けさせて頂きます。
楽しみです。
Commented by mfgarden at 2011-04-23 18:33 x
反町様
春のお便り有難うございます。
よかったですね。
きっと立派に咲いてくれる事でしょう。
又、お知らせを待っています。
山中湖にも6月になったらお出掛け下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 満開のコブシにも芽の出ないバラ 原発の危うさと必ず来る春 >>


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧