花のある暮らし



寒い今冬に備えて忙しい日々

12月29日 千年の歴史に刻みこまれる2011年が過ぎようとしています

 歴史は繰り返す---福島原発の実態は出来る時から運行 爆発 その後 のすべてに
成り行き任せの無責任体制だった 縦割り官僚の不作為責任のなすりあいだったことが
ますますはっきりして来たようです---盧溝橋事件から日中戦争に突入する過程の軍部の
成り行き任せとそっくりのようです
 軍部が日本を滅ぼすと同じように官僚が日本を滅ぼす 中枢の腐敗と言えるでしょう
このことが後世から2011の検証の際 問われると思うのです
その時日本人は何をしていたのか と

 国破れて山河あり 今国破れて官僚あり
今や山河が半減期30年の放射能に広島の百倍も汚染されてしまっている
将来を担う子達に無責任の付けがかぶさろうとしています
絆 ではなく 怒 の年だと思います

 でも草庵の散人のたわ言でしかない と感じます
それでも生きている それでも生きていく そういう逞しさがあればいいのでは・・・
自然の中に生きるっていう原点に立ってみれば 次の千年はアッという間です

 そんなわけで今年も山の生活は冬支度で日々フウフウ言っています
バラの菰巻きには今回特に力を入れました 北海道流です
今年の四月寒波で一番芽は太い根元からすっかり枯れ 二番芽でやっと生き延び
大雨で栄養がすっかり流れて衰弱していました
多くの草や木も同じ状態でした

 来年に向けて バラの根元にびっしり入り込むほかの木や草の根を切り取り
大バケツ一杯の寒肥を入れ 烈風で飛ばされない根囲いをしてマルティング
石灰硫黄合剤で消毒して 土嚢袋と不織布で風よけ 庭は異様な風景です
二百時間はかかったでしょう
球根も凍土になる前に駆け込みで間に合いました
言い合いながらも二人して作業出来る 嬉しい日々です

 ここ二週間-10℃を超え昼も凍ったままになり
薪ストーブの炎にしがみつくようになって来ました
薪割りが運動です 木が教えてくれる割れ筋に沿ってごつごつした節だらけの丸太を割る
くさびを打ち込みながら横からもせめる 何十回も打ち下ろして割った拳骨のような木
なかなか「荘子」の庖丁(ほうてい)さんのようにはいかないです

 気心のあった方々との談笑 食事 映画や音楽の鑑賞・・・
そして何よりキンと澄んだ空気の中の冬の富士と湖
この緊張は寒い地ならではの楽しみです


今年最後の花 白花リンドウ
e0017562_7271552.jpg
来年最初の花 クリスマスローズ ニゲラ
e0017562_729676.jpg


菰巻きの際収穫したバラ
e0017562_7304767.jpg
凍っているバラ
e0017562_7323819.jpg


凍った蕾のミツマタ
e0017562_7343955.jpg
朝日にきらめく樹氷
e0017562_7355529.jpg


霜の朝
e0017562_736475.jpg
鳥に食べられないままの梅モドキ
e0017562_73910100.jpg
[PR]
by mfthirano | 2011-12-29 07:51 | 冬の庭 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mfgarden.exblog.jp/tb/17135631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さち at 2012-01-01 01:18 x
こちらの暖か〜いのも良いですが、「キンと澄んだ空気」も悪くないわね
Commented at 2012-02-18 12:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2012年 明けましておめでと... 小春日和の穏やかな日に >>


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧