花のある暮らし



"ターシャの庭"に感じること

5月13日 「国際バラとガーデニングショウ」で"ターシャの庭"を見て来ました

 バージニアの大自然を望んで自然と共生する生活と庭を営んだ
ターシャの生き方には 私たちも憧れを抱いてきました
朽ちた木とコケ 宿根草とバラ 果樹と野菜畑 手作りの石積み
木小屋と庭道具 ダチョウや猫たち
春を待つ雪の庭 短い春夏に一斉に咲く花々 秋の紅葉
りんごジュースやジャム作り ローソク作り・・・
そしてチューリップの球根のために生活のままを絵本に描いていました
60にしてターシャはなぜ不便を選んだのだろう

 私たちも同じように不便なところに庭を造りました 
山中湖と富士を真近に南アルプス連山を遠望する開放的なロケーションで
山野草や宿根草の中にバラがひっそりと咲く庭に 心が洗われる日々です
こんな生活で得られるのは何より心の平安ではないでしょうか
欲得から開放される心 生きていることへの感謝 汗を流す快さ
見晴るかす開放感 厳しい自然と向き合う時自分は小さいという実感
展示を見ながら そこに生きたターシャ・チューダーを思いました

 どうしたわけか 富士山の世界遺産報道以来
大砲と機関砲の音がしなくなりました(偶然か)
日本という国の現実に引き戻してくれる爆音です
阿部さんのように尊大で居直って事実から目をそらしては真の隣人はできない
アメリカはいつまでも助けてくれない 厄介者になってしまっていると感じます
戦時性奴隷にさせてしまった方々に 飛んでいって手を取って謝る
これだけのことで私たちの品性は正されるのです
大陸といつも孤立してきた日本の歴史を変える勇気の時ではと思います

 富士の山は毎年真っ赤に燃え上がります
早朝数分の時を逃さず 今年こそ赤富士を見たい


チューリップ色々
e0017562_2312255.jpg



e0017562_23132661.jpg
プリムモリアと
e0017562_23154529.jpg


右近桜と富士
e0017562_23172064.jpg



白ムスカリとユーホルビア
e0017562_23234680.jpg
孔雀しだと矢車草の新芽
e0017562_23471730.jpg


白シャクナゲ
e0017562_2326304.jpg



芝桜と勿忘草
e0017562_23273968.jpg
九輪草
e0017562_2329748.jpg


姫りんごと銅葉スモモの花
e0017562_23583771.jpg
利休梅と退色する出猩々もみじ
e0017562_23594031.jpg
[PR]
by mfthirano | 2013-05-14 10:59 | 新緑のとき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mfgarden.exblog.jp/tb/20487388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 六月の金曜土曜には庭を見に来て下さい 春の庭らしくなってきました >>


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧