花のある暮らし



カテゴリ:一面の花( 22 )


マイガーデンに幸あり

'17.7.10 オープンガーデン終わってまだ庭の楽しみは続きます

 不思議なものであれだけ雨に当たっていたバラたちが梅雨明けのような毎日に
生き生きと咲き誇って 初めて味わう一面のバラの園を堪能しました
その主役は庭の真ん中に立つタワーに咲くローズマリービオとフランシスEレスターです
紫のビオと白のEレスターは家のベランダの正面に向かって咲きそろって
庭バラたちとカラーコーディネイトして一幅の絵のようになりました

 真っ盛りだった庭バラたちは散り始めて花を摘んだり散った花びらを拾ったり
終わりに近づいたフウロソウやオルレアなどを整理したりと庭作業は絶え間なく続きます
その一方で遅咲きのバラたちが咲きだし その交差する一時が今年初めて見られました
白やピンクのたわわな山ボウシ サマーハウスの屋根のピンクに咲くバラ Qランブラー
木の間の七連のアーチのバラたち 庭の先に富士 二階のベランダからの一望 やっと味わえました

 支えていただいたボランティアのかたがたと余韻を楽しむのも嬉しいです
今年は毎週見にお出での方など總入場者820名 20万円ユニセフに寄付いたします
未来を担うシリアやアフリカの子供達の惨状には心を痛めます ささやかな皆様からの浄財です
来庭の皆様 ブログやツィッターの皆様 ありがとうございました

七連のアーチのバラたち
  手前上はコルデスのジャスミーナ 左の白はアルバメーディーランド
  右の下はバレリーナ 右の上はメイ
e0017562_20424023.jpg

タワーのバラ
  手前はデルバールのスープニールドゥルイアマード
  後ろはローズマリービオ
e0017562_20483020.jpg

ローズマリビオ
e0017562_21075105.jpg
アシュロップシャイアラッド
e0017562_21091259.jpg
バレリーナ
e0017562_21112437.jpg
クレマチス プリンスウィリアム
e0017562_21121600.jpg
ボルチモアベル
e0017562_21132719.jpg
e0017562_21144351.jpg
グレーテンドルスト赤 メイヤーオブキャスターブリッジ
  後ろはポールズヒマラヤンムスク
e0017562_21161099.jpg

モスローズのウイリアムロブ
e0017562_22241823.jpg
e0017562_22230838.jpg
アンエント
e0017562_22255436.jpg

スノーペーブメント
e0017562_22270352.jpg

e0017562_22282213.jpg

ボニカ82とマダムプランティエ
  奥は山ボウシ紅富士 手前はアーティーチョーク
e0017562_22293389.jpg

ピンクグレーテンドルスト
e0017562_22372599.jpg
アルバメイデンズブラッシュ
e0017562_22425383.jpg
フェリシテパルマンティエ
e0017562_22384649.jpg

香りのバラ ブルガリアローズ
e0017562_22451967.jpg
プロスペリティ
e0017562_22464406.jpg
奥の庭のイエローボーダーガーデン
  真ん中の穂はベロニカ ロンギホリアピンクシェード
e0017562_22483681.jpg


[PR]
by mfthirano | 2017-07-10 19:22 | 一面の花 | Trackback | Comments(1)

朝日の射し始めて今朝の庭

e0017562_07011845.jpg

右のタワーには下の小花バラは夢乙女 上の紫はローズマリービオ
中央のタワーは白バラのニュードーン その奥のパーゴラの上にポールズヒマラヤンムスク
左赤いバラはテスオブザダーバーベルズ 手前のピンクバラはアランティティマーシュ
e0017562_07064522.jpg

e0017562_07153977.jpg

夢乙女とローズマリービオ
e0017562_13050733.jpg

フランシスEレスター
e0017562_13065396.jpg

ニュードーンとフランシスEレスター
e0017562_13081980.jpg


[PR]
by mfthirano | 2017-07-03 07:02 | 一面の花 | Trackback | Comments(2)

バラとフロックス=花魁草の庭

8月18日 山中湖ではそろそろ秋風の気配です

 40℃などという高温があちこちで観測されると
36度とか38度は普通の高温の感覚になってしまいますが
とにかく暑さは身体にこたえます
盆の墓掃除を八王子で二時間ほどしたところ 
ぬれタオルで頭を包み、水分を摂っていても 調子が悪くなりました
日本全国 人も生き物もよく耐えていると思います

 暑さにやられたからでしょうか 政治家の暴言が飛び出しました
でもしょっちゅう考えているから仲間内に吐いたのでしょう
“ナチスは静かに憲法を変えた やり方を学べ”というのです

1933年です 1月過半数に行かないまま首相になったヒットラーは 
私兵のナチス突撃隊による
民主的団体や共産党へのテロで市街戦状態だったのを
2.27国会焼き討ち事件を口実に 
一気に武力制圧し
翼賛体制下で3.24に”全権委任法”=ナチス独裁を築きました

“静かに”とはこの上からのクーデターをさしているわけです
12年後の末路を見れば 某氏の言うことの破綻は目に見えています
ガタガタのヤルタ=ジュネーブ体制とはいえ
これに挑むとはドン・キホーテではありませんか

 山の中の散人がいくら気を揉んでも時は流れます
“逍遥遊”の世界に浸っています

 29度の日が続く山中湖の暑さに乾杯
バラが元気 シュートに蕾が次々付いて 初めてバラを堪能
四季咲きのバラをいっぱい植えていてよかった!
そしてベルガモットは終わっても宿根フロックス=花魁草は
白も咲き出し七色に庭中を彩って 360度花に囲まれた世界です
テロリストが来るのならこの庭の真ん中で死にたい

    庭のバラたち


e0017562_101782.jpg
アシュロップシャイアーラッド
e0017562_122652.jpg



e0017562_183198.jpg
ボレロ
e0017562_193751.jpg
グルーテンドルスト
e0017562_1104315.jpg
e0017562_112465.jpg
アランティッチマーシュ
e0017562_1132635.jpg
e0017562_1142016.jpg


ウイリアムモーリス
e0017562_1165784.jpg
グレーテンドルスト
e0017562_1174910.jpg


ティージングジョージア
e0017562_1225376.jpg
デルバール
e0017562_1234834.jpg


ミソハギ
e0017562_1271878.jpg
アーティーチョーク
e0017562_129560.jpg


ピラミッドアジサイ
e0017562_1303443.jpg
e0017562_132566.jpg




フロックスの庭
e0017562_137296.jpg

[PR]
by mfthirano | 2013-08-18 21:34 | 一面の花 | Trackback | Comments(0)

梅雨の長雨の真っ只中です

6月13日 13号台風は避けられましたが・・・

6月の花は今が盛りですが雨と風は大敵です
ああ今年もすっくと伸びた花々はこれで終わりか
とため息で オープンガーデン見てもらいたくない
と毎年思う時期です 今年もそんな時になってしまいました
バラのつぼみも傷んでしまいます やはり梅雨時の花は厳しいです

 明日からオープンガーデンという前の日に
こんなことをいうのは情けないですが
花たちと一緒に折れてしまいました

 明日明後日とも時々雨の予報で
できるだけ 次の機会にお出で下さい

 長雨の前の花たちです


クレマチスモンタナ(白)
e0017562_743846.jpg
リグラリアと岩なんてん
e0017562_7453523.jpg


バラ ロザリードライ
e0017562_7522513.jpg
バラ ロサキネンシスアルバ
e0017562_753256.jpg


カラーリーフの木々とエレムルス
e0017562_17455224.jpg



アーチのバラ ブルボンクイーンか
e0017562_845530.jpg
アプリコットのバラ
e0017562_855912.jpg


山椒バラ
e0017562_8112035.jpg
e0017562_8141331.jpg


オリエンタルポピーとジギタリス
e0017562_8172359.jpg
e0017562_818584.jpg


クレマチス白万重
e0017562_823852.jpg
ジョセフィーヌ
e0017562_8241868.jpg


バラ マルキーズ ドゥ メルトイユ
e0017562_8313139.jpg
黒花レースフラワーと
  ヒューケラと大根草
e0017562_849358.jpg


クレマチス
e0017562_8364499.jpg
e0017562_8374249.jpg


オルラヤとクラリーセージ白熊君のつぼみ
e0017562_843440.jpg
ゲラニューム
e0017562_8441767.jpg


咲き出したアストランティアマヨール
e0017562_17131067.jpg
白花フウロとスイートロケット
e0017562_17141976.jpg


紫花フウロとジギタリス
e0017562_17153239.jpg
絞りのフウロとアルケミラモーリス
e0017562_1716268.jpg


ホワイトキャンピオンとレッドキャンピオン
e0017562_17174699.jpg
ジギタリス 新種?
e0017562_17191482.jpg


ギボウシとモンタナのアーチ
e0017562_1721441.jpg

[PR]
by mfthirano | 2013-06-13 06:43 | 一面の花 | Trackback | Comments(4)

花の夏を楽しむひと時

8月19日 毎年フロックスとベルガモットに囲まれた庭ですが

 多様な庭をコンパクトにフラワーアレンジしました
 八重の百合ミスルーシー 斑入り鉄砲百合 弁慶草 サワギキョウ
 ギボウシの花 アジサイお多福もみじがさ
 スカピオサ イタリアンパセリの実 グラジオラス 
葉もの 斑入りのヤツデ イワナンテン ピット ペルシカリアレッドドラゴン
夏のひと時の趣きを 庭の草と花で表現するのは嬉しいです

 平地では残暑厳しい折ですが 立秋を過ぎて
山中では朝夕 フリースがちょうどいい陽気です
短い夏を感じとって草ぐさはいっせいに競って花をつけています
春の花は根元に来年の芽を吹き出しています
遅れて咲き出した白花のフロックスおいらん草も咲きそろい
庭の周辺に移したベルガモットの大株も木々の下で華やかです

 今年も政治に経済に大荒れの来る前のひと時のなぎでないよう
祈るばかりです


e0017562_10451553.jpg



ばら  とホワイトキャンピオン
e0017562_22403532.jpg
真っ赤なフロックスとメギ
e0017562_2242531.jpg


瑠璃玉アザミと花トラノオ
e0017562_22443089.jpg
クガイソウ
e0017562_22452742.jpg


オミナエシ
e0017562_22464082.jpg
ティーゼル
e0017562_22474562.jpg


ベルガモットとフロックス
e0017562_22485121.jpg







[PR]
by mfthirano | 2012-08-19 10:47 | 一面の花 | Trackback | Comments(2)

発想の転換

6月23日 庭を見ながら勉強できました

 まだバラの咲きだす前の庭に
バラの専門家AさんIさんに見て頂く機会を得ました
「この庭は北海道と同じ咲き方です」
「バラにとって周りの宿根草の生育に負けない高さがあればいいんです」
「根が動き、水が茎に上がってこれが凍ると一気に枯れ込みます」
「個人の本格的なガーデンと言えるものが日本にも出てくるようになったんですね」

 今年バラやブッドレアの枯れ込みにまいって バラは難しい
これだけやっても出来ない やり方が悪いのでは など思い悩み
枯らしたことに罪悪感すら感じていた私たちに
救いの一言 これ以上ない励ましの言葉を頂きました

 20年前にバラクラに行って いつかこんな庭を作ってみたいと二人で話し
知らない花や好きな木を思う存分植えたり、きれいなバラを咲かせたい
と探し当てた富士高原のこの地です
こんなにも寒くバラの北限を超えているとは分らずに始めた庭つくりでした

 そして今年体力の限界と さらには寒さに負けて気力もなえてきた中で
この一言に 言葉の大きさを感じたことはありません
まさに目からうろこ 発想の転換です

 東京で良く育っている満開のバラに近づけたい 同じに咲かせたい
とばかり思って なんで、どうしてとバラにあれやこれや強制していました
もっとこの地に合った生き方、育て方で楽しめばいいんだと 思えるようになれたのです

 今年4月、芽が動き出した時期に -10℃の日が続き
大きなバラの枝がたくさん凍って枯れ込み小さなバラになってしまいました
そういうバラの根元から新芽が噴出しているのを見て
「北海道と同じです」
「バラの新芽が周りの草に埋もれないだけの台木の高さが残っていればいいのです」
という指摘に 冬越しの仕方の基本がわかったと思います

宿根草があってのバラ バラがあっての宿根草
庭づくりでやってきた こうありたい庭、 華やかでほっとする庭、
談笑しながら味わえる深い庭、 という漠然としたものを
「本格的なガーデンが出て来た感じ」 と言い現していただき嬉しいです

 オープンGの前から嬉しい来客が続いています
楽しい会話と準備に追われています


赤黒コーナー
e0017562_21204267.jpg



白と赤のシャクヤク
e0017562_21215475.jpg
クラリーセージ
e0017562_21232734.jpg


アリューム シューベルティー
e0017562_21243413.jpg
バラ アルバセミプレナ
e0017562_21253231.jpg


メギとふうろ草ジョンソンズブルー
e0017562_21262229.jpg
ブラキカムの寄せ植え
e0017562_212749100.jpg
[PR]
by mfthirano | 2011-06-23 09:14 | 一面の花 | Trackback | Comments(6)

タワーのアーチにバラが咲きだして

6月16日  今年一番の温かい一日 バラがやっと咲きだしました

 高さ3.5Mのタワー3本に 庭で取れた5Mのならの木の枝を渡して造ったアーチに
今年やっと花が咲き出しました 
真ん中のタワーのロサ・キネンシス・アルバ です
ニュードーンは遅咲きですが、フランシス・イー・レスターやトレジャートロープ、バイオレットは
蕾が膨らみ どれも蕾がいっぱいで バラの風景が楽しみです

 ベランダのロサ・ムルチフローラやパーゴラのヒマラヤンムスクも今にも咲き出すところです
アルベルティーンやつるセシルブルンネ、バフビューティー,シティーオブヨーク等のアーチも
それぞれ今年はやっと華やかに咲いてくれそうです
例年に比べて今年は一週間は咲きごろが遅れています
いま庭は 宿根草と 咲きだしたクレマチス・ジギタリスでいっぱいです
うまくバラとコラボレートして欲しいです

 昨夜の風雨で、伸びた草花は一斉に倒れ 花首が曲がったりしてしまいました
姫シャラの枝で作った支え木を大小200本入れていますが
草ぐさはどんどん生長して背丈が伸び 人の姿も見えなくなりそうです

 早咲きバラがやっと咲きだしてクリーム・白・ピンクなどと多彩になってきました
オープンガーデンまで数日 納得してもらえる庭にと 今がんばりどころです


アストランティアマイヨールと花しのぶ
e0017562_8403829.jpg



クレマチス マルチブルーとマジョリー
e0017562_8412768.jpg
シレネグリーンベル
e0017562_8421274.jpg


フーロソウとクレマチス ベル・オブ・ウオッキング
e0017562_8431840.jpg
オルレアとクレマチス
e0017562_93632.jpg


バラ スタンウェルパーペチュアルとクレマチスドクターラッペル
e0017562_8451280.jpg
バラ イエロータグマーハストラップ
e0017562_8483052.jpg
[PR]
by mfthirano | 2010-06-17 01:17 | 一面の花 | Trackback | Comments(3)

クレマチスとフウロソウの庭

6月9日 ナチュラルガーデンになってきました

 みずきやななかまど、やまぼうしに目線の高さの姫ウツギ
今、山の道は緑の中、上から下まで白い花が咲く季節です
山椒バラの白い幹にピンクの花、富士アカネイバラに茜色の半日花、ニッコウキスゲの黄
庭のあちこちに半鐘つるは濃い赤や淡い茶などに、10年前と同じに咲きます

 自然のままに咲く花に囲まれて、春の花が次々に咲いています
築山のクリンソウ、高い木から垂れ下がって咲くモンタナ
庭の中では大輪のクレマチスが次々に咲きだしています

 フウロソウの青い花、レースフラワーの白い花など、毎年のように元気に咲いています
イングリシュローズのつぼみも膨らみ今にも咲きそうなものも出てきました

 のんびり 楽しい時の流れに浸れる今です


築山のクリンソウ
e0017562_7404953.jpg



山椒バラ
e0017562_7422459.jpg
アリューム
e0017562_7463729.jpg


物置の前の一面のクレマチス
e0017562_7482134.jpg
光を背にして咲くフーロソウ・ジョリーB
e0017562_7493065.jpg


クレマチスとデルフィニューム
e0017562_7505912.jpg
クレマチスマルチブルーとマジョリー
e0017562_7521521.jpg


オリエンタルポピー
e0017562_7531843.jpg
斑入りのタニウツギ
e0017562_754167.jpg
[PR]
by mfthirano | 2009-06-09 09:32 | 一面の花 | Trackback | Comments(1)

雨降って 緑深まる 花の庭

5月25日 オダマキとハナシノブの青が雨の中ですっくとしています

 22日 川崎の青葉・麻生の7軒のお宅のオープンガーデンに訪問させていただきました

 ご主人とのコラボの庭つくりと、コーネリアに包まれてガク絵のようなリビングの窓、
花をたわわに付けたローブリッターやER等の、バラのあふれるような庭のK様

 真っ白なお宅を背景に開放的なバラの園にレッドキャスケードの誘引や
ラベンダー色系を集めた誘引が目を引く庭と、チャーミングな裏庭のあるN様

 アンティークな馬の三輪車と、対になったラベンダードリームの鉢の似合うプロバンス風な庭と
トリックタルトと本当のタルト、そしてアートな布を張った家具とその工房が印象のM様

 ブルーの建物とニンジン木に絡めたはっとするようなブルーのクレマチス、
ナチュラルなエントランスからお迎えいただいた妖精のようなS 様

 年季の入ったあふれるような花つきのフランソワーズジュランビルが
コーナーガラス窓を囲み、和と洋が溶け合った穏やかな庭のA様

 アルベリックと白万重のアーチと、のびのびしたアカンサス、立体構成が見事な庭と
バラの優雅なアレンジメントやアンティークな小物達がウエルカムして下さるT様

 ご主人と共作のフォーカルポイントのベンチのあるお庭と、優しい色合いのつるバラに囲まれた家
テーブルコーディネートの素敵なお食事会を催していただいたK様

 バラのように個性のきらきら輝く9名のサークルの皆様ひとつになって
心のこもるおもてなし、お庭と暮らしを拝見させていただき、
心豊かになり、幸せ一杯のひと時でした
 1枚や2枚の写真ではその素晴らしさはとても表せません。

 23日は群馬のイングリッシュガーデンとバラ園めぐりに参加し
24日は家の庭に感性豊かな子達の華やいだ歓声が広がり、お茶談義にはなが咲きます

 嵐のような厳しい世の中にあって
花とバラを通じてすばらしい方々とひと時を過ごせる、まさに至福です

 花たちに感謝!!


築山のクリンソウ
e0017562_1234588.jpg
たいつりケマンソウ
e0017562_1236651.jpg


ティアレラとユキノシタ
e0017562_1237951.jpg
バーバスカム
e0017562_12375851.jpg


シラーとクリスマスロズフェチダス
  黄はユーホルビア
e0017562_12391560.jpg
黄SPバラ
e0017562_12403531.jpg


八重の藤(黒竜)
e0017562_12414158.jpg
大手まり
e0017562_1243195.jpg
[PR]
by mfthirano | 2009-05-25 07:56 | 一面の花 | Trackback | Comments(2)

山野の草木も今が花の旬

5月21日 この暖かい数日で待ちに待った春に

 山野の草々、木々は一斉に花開き命の素晴らしさを演じてくれます
みな厳冬を耐え寒風をしのいで、良くここまで来てくれました

 楢や松の大枝を落として日当たりを良くした為に
コケがなくなって絶えてしまったか不安だったマツムシソウ
5年目でやっと開花した五葉のつつじ・シロヤシオ
ことしは3Mのてっぺんまで花をつけた紅サラサドウダン
なかなか増えないクマガイソウやエビネ
別荘開発で絶えた林からかろうじて移植したマイヅルソウやホウチャクソウなど
毎年家の庭で咲いてくれています

 山のミズキやフジアザミや野草などは鹿やいのししに食べられて激減しているとのこと
“自然のままに”ということの大切さに思いを致します


スズムシソウ
e0017562_13133425.jpg
クマガイソウ
e0017562_13144540.jpg


エビネ二題
e0017562_13162379.jpg
e0017562_13173872.jpg


孔雀シダ
e0017562_13183860.jpg
富士レンゲつつじ
e0017562_13195183.jpg


紅サラサドウダン
e0017562_1321776.jpg
縁取りの葉もいい
  五葉つつじ・シロヤシオ
e0017562_1322290.jpg
[PR]
by mfthirano | 2009-05-21 13:28 | 一面の花 | Trackback | Comments(0)


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧