花のある暮らし



カテゴリ:春の庭( 12 )


シコクカッコソウとイカリソウ

5月12日 春本番 萌黄色の山並みがやってきました

 ケヤキやミズナラの薄茶色の新芽 出猩々モミジの赤い新芽
白樺のすき透るような新緑 ネグンドカエデの黄などに彩られた春の到来です

 表の庭に通じる火山石のコーナーにシコクカッコソウやイカリソウ
ラショウモンカズラなどが元気にびっしり咲いています
十何年もの間当たり前のように毎年咲いてくれるのですが
野山から消えてしまいそうな花たちであったりすれば
見る目も変わって慈しむようになってきます

 改めてその美しい花に見入ってバラエティのある花姿を
写真にとって見ました が目で見るようには色の違いが出せません
いつもそんなことで大雑把に撮っていました
今回は色番号で色の違いをあらわしてみました
陽の元で実際に見た美しさに勝ることはありません
この時期しか見られない花たちを観にお出で下さればうれしいです

 春のこの時期の宿根草の庭には思い入れがあり
味わいのある草と花が自然のゆったりとした気持ちに誘ってくれます
庭を造り始めた原点です 


梅花イカリソウ(白)
e0017562_2213446.jpg



イカリソウ(パープル)とつぼみ
e0017562_222527.jpg
e0017562_2242970.jpg


薄ピンクとつぼみ
e0017562_2296100.jpg
e0017562_23057100.jpg


シロバナイカリソウ
e0017562_23374.jpg
e0017562_2343065.jpg


黄花イカリソウ
e0017562_2355345.jpg
シラネアオイ
e0017562_2371478.jpg


シコクカッコソウ
   (p=#E9528E)
e0017562_2392623.jpg
(or=#E83820)
e0017562_2404239.jpg


(薄p=#F19EC2)
e0017562_241558.jpg
(r=#E60044)
e0017562_2432957.jpg
[PR]
by mfthirano | 2014-05-12 03:06 | 春の庭

穀雨の候

4月24日 長い恵みの雨が上がって庭の緑が生き生きしています

 朝霜の庭にもあちこち水仙の株が花を立ち上げ
アルケミラモーリスの若葉に降りた霜が朝日に光っています
その先に頭がピンクに染まる白富士が雲の上に浮かんでいます

 レンギョウや日向ミズキ 三椏ミツマタの黄色やオレンジ色の花やアシビが咲き
白梅、紅梅の花と初うぐいすにも春が感じられます
大雪でボキボキに折れ竹に支えられた木蓮の枝に何とか花がつきました

 バラの剪定に経験豊かなボランティアの方々が入ってくれ
すっきりした枝に新芽が霜げず大きくなってきました

 サマーハウスの効果でしょうか
何か可能性が広がった感じでわくわくして
今年は庭にいっそう取り組んでみたいと思っています

   五月下旬の春の宿根草の庭から
   七月中旬のバラの季節まで
 オープンガーデンしたいと準備を始めました
     観に来ていただきたいです


e0017562_922888.jpg



水仙とクリスマスローズ
e0017562_21273229.jpg



日向ミズキ
e0017562_21291972.jpg



プリモナリアとチューリップ
e0017562_21295927.jpg



レンギョウ
e0017562_21305852.jpg

[PR]
by mfthirano | 2014-04-24 07:08 | 春の庭

ぐんぐん伸び咲く遅まきの春

5月22日 庭に人の声 にぎやかになって来ました

 花は人を呼びます 日々思わぬ人が花のある庭を見てくれます
「いきいき」を見ましたと訪ねてくれる方
オープンGのころと違って地面が見える落ち着いた庭ですねとカメラを向ける方
早じまいのついでに立ち寄ってくれた方
修道院のように黙々と心の平和を求めて庭に入るときは過ぎました
花で心が和む 花を介して人が交わる 言葉でなく庭で
失敗も痛いのも忘れてうれしいです このときが

 3~4月の冷え込みで新芽が霜げたり 5~6年物のバラが根元まで枯れたり
愚痴っぽい事ばかりでしたが ぐんぐん新芽は伸びて遅れを巻き返しています
人の声が花を元気にし 花が人を元気づける 春です
厳しい現実に立ち向かっている方々にも 花の春が訪れています
五年十年を覚悟して ポルトガルのように没落しないため 頑張りの時です

 フォーカルポイントに立って 満開の時を思い描いています


白花シャクナゲと春咲フロックス 奥に利休梅
e0017562_54129.jpg



ティアレラ
e0017562_5415837.jpg
黄花千代ハギと
 リシマキアファイヤークラッカー
e0017562_5443940.jpg


ヒマラヤの青いケシ
e0017562_5451517.jpg
山シャクヤク
e0017562_5461523.jpg


右近の桜と富士
e0017562_547386.jpg
ホサギラ
e0017562_548504.jpg
[PR]
by mfthirano | 2011-05-23 03:51 | 春の庭

来ました!春の庭

5月10日 10日に及ぶGウィークが終わり 充実のシーズンです

 5月に入れば富士桜や枝垂桜が咲き レンギョウや雪柳
日向水木や花モモなど花の木が次々咲きだします
シコクカッコソウが華やかなピンクに 五色のイカリソウ
八重や白などの水仙 チューリップやムスカリ
赤銅色に芽吹くシャクヤク 毎日一㎝伸びるギボウシ・・・
一斉に大地が動き出して やっと春の庭が来ました

 浜岡原発停止の決断で 少し世が明るくなってきました
千年に一度の重いキズを受けて
30年以内に83%起こる(いつでも起こりうる)大災害を前にして
閉塞状態に一筋の光明といったところでしょうか
春の庭がやっと明るく見えるように感じます
バナナベンチにもたれ 七色の庭に囲まれて居ると
天変地異をこえて 無窮というものを感じます

 千年単位の歴史を「想定」の基準にするのか 百年でいいのか
はたまた万年単位なのか 人類の命題です
地球を60㎝の火の塊とすると 薄皮一㎜に生息する生き物のことなのです

 この地表に四季があり 潤いがあるという宇宙の奇跡
生命あることに感謝します


山野草(リュウキンカ 梅花イカリソウ 春おこし 一輪草)
e0017562_2248319.jpg



山野草(イカリソウ ティアレラ シコクカッコソウ)
e0017562_2249834.jpg



原種チューリップ
e0017562_22493717.jpg
ツマトリソウ
e0017562_22504616.jpg


新緑の唐松 薄茶色のケヤキと枝垂桜
e0017562_2325016.jpg

[PR]
by mfthirano | 2011-05-10 18:45 | 春の庭

満開のコブシにも芽の出ないバラ

4月29日 真冬の服装でバラの枯れた枝を切っています

 毎日切ない思いでバラの根元から枝を見まわします
八王子では山から移したナニワいばらやモッコウバラが咲きだしているというのに
3~4年たったアルベルティーンや、ウエディングデイの4mの枝も芽が出ず
1mまで切り込みました
毎年耐えてくれたアルベリックバルビエも30センチまで切り込みました
芽の出た枝ごと大きく枯れ込むなどというのは経験したこともない惨状です
こぶしの満開のころはバラの剪定の時期 やっと鋏を入れました

 「いきいき」に続き、「花暮らし」6月号の原稿が送られてきました
昨年の6~7月の庭はこんなだったと 今を見比べて驚くほどです
今年の庭はどこまで咲いてくれるのだろう 4月終わりに不安になります
3.11で言われた想定外が うちの庭で起こるのだろうか
八王子で養生した5~60本のバラ達を誘引したりしながら 思います   
11年目にしてリセット 新たなチャレンジの機会なのかもしれない
これまでやってきた中に潜む弱点を天が教えてくれたんだ と
3.11で突きつけられた日本の弱点 克服すべきことと同じ様だな と

 荒れ地の庭に次々新しい芽が出 花が咲きだします
昨秋移動した直径1mもあるギボウシも無数の新芽が出てきました
枯れたエリカをとったら シレネの芽が出てきました
枯れ絶えたと思っていたジギタリスも とんでもない所から芽吹いています
黄花カタクリの手前にもう勿忘草が咲きだしたりしています

 “命の力” 「アレクセイと泉」の本橋監督が
チェルノブイリから180㌔の被爆地に踏みとどまる55名の人々の
生き様から感じた感動を こう言っていました
命の力を感じるから 今をやっていけるんだと思います


赤花三つ又
e0017562_2252181.jpg
水仙
e0017562_22535414.jpg


黄花カタクリ
e0017562_22553797.jpg
シラネアオイ
e0017562_22572531.jpg


シコクカッコソウ
e0017562_22585726.jpg
イワウチワ
e0017562_2344541.jpg
[PR]
by mfthirano | 2011-04-29 23:40 | 春の庭

叉寒い日々になりそうです

5月11日  3月から暖かと寒さが交互に来る変な陽気が続きます

 5月晴れで花も新芽も元気に一気に伸びましたが
5月中旬と言うこの先に 叉朝マイナスの日が続きそうです
今までにも咲いた花やつぼみが落ちたり 新芽が霜げたりしていますが
どうなってしまうのかと気がかりです

 富士を見るベンチから満開のウコン桜とその先の白根富士を見る方
八重の水仙やクリスマスローズの花々を手にとって見る方
咲き出したチューリップバレリーナの微香に微笑む方
エビネやクマガイソウなどの新芽を見つける方
花冷えの中で訪ねてくれる方々と会話する 今年もまた楽しいひと時の始まりです

 この陽気の変化も 没落の危機にあえぐルーレット資本主義と 生活の向上に燃え上がる人々
とのせめぎあいの時代の世紀に入ってきていることと 関係あるのでしょうか

 来ないわけのない夏のために 今ここががんばりどころです


前庭の植え込み
e0017562_10145498.jpg
ブルンネラ
e0017562_10161525.jpg


庭のあちこちに群生のラミュウム
e0017562_1019376.jpg
香りのチューリップ バレリーナ
e0017562_1021242.jpg


ムスカリ
e0017562_1023918.jpg
ティアレラと梅花イカリソウ
e0017562_1024825.jpg


満開のウコン桜
e0017562_10251148.jpg
姫リンゴ
e0017562_10271246.jpg
[PR]
by mfthirano | 2010-05-11 00:39 | 春の庭

うれしい庭開き

5月1日  マイナス気温の朝がやっと終って春の庭になって来ました

[PR]
by mfthirano | 2010-05-01 23:53 | 春の庭

利休梅 右近の桜 咲く節句

5月6日 小さな子達の賑やかな声と柱に刻む成長の記録

 あっという間の連休は過ぎ、静寂に戻っています
たっぷりの慈雨に庭の草花は生き返り、緑の株は一段大きくなり
チューリップは花びらをすぼめ、花々は穂をたれて雨を避けています

 白樺の黄緑の柔らかそうな芽、唐松の深緑の細かい芽、ならや富士桜の薄茶の芽葉
そして一斉に芽を吹き出したヤマボウシ・ケヤキ・リョウブ・ドウダン・・・
それらの木々に抱かれた我が家、どの窓から見ても心安らぐ優しい新緑のとき
360度のパノラマに心ドキドキします

 利休梅の緑白の花と、並ぶ丸いつぼみ
薄緑のウコンの桜は新緑の中にもくっきりと引き立っています
オレンジの腹のジョウビタキがとび、キジが群れで遊び
ウグイス・山バト・キジ・・・が鳴いています

 このまま“胡蝶の夢”の世界に行ってしまうのもいい


ティアレラ
e0017562_17302911.jpg
白のムスカリとキャトミントの銀葉
e0017562_17323476.jpg


羅生門カズラ
e0017562_1734275.jpg
二輪草
e0017562_17254824.jpg


ジューンベリー
e0017562_17203990.jpg
出猩々モミジ
e0017562_17232390.jpg


利休梅
e0017562_17522676.jpg
右近の桜
e0017562_13351926.jpg
[PR]
by mfthirano | 2009-05-06 13:39 | 春の庭

山中湖にも春到来

4月24日  満開の富士桜は朝日夕日に輝きます

 次々に冬を越した花たちが咲き出てきて
つい最近までの枯れ涸れの地がうそのように覆われ始めました
いつもこの時期になると生命力の不思議を感じます

 ピンクのカタクリが終わって黄色のカタクリ
白・パープル・濃い薄いのピンク、色とりどりの玉咲き桜草
黄色や白・紫などの小花のイカリソウ
大きな黄色や小さな白・八重などの水仙や白・青のムスカリ
小径の端には白や青の地のスミレが咲き
毎年々湧き出すように同じ地に出てきてくれます

 今年も庭が始まりました
週ごとに庭の情景が変化していきます
知人友人と花をとおして語らう、そんな楽しみの時が訪れました


黄花カタクリとヒマラヤ雪ノ下の花芽
e0017562_23413238.jpg
玉咲き桜草とムスカリ
e0017562_23425872.jpg


イカリソウ ピンクと黄
e0017562_2344522.jpg



アネモネプラダ
e0017562_23455369.jpg
花こぶし
e0017562_23475117.jpg


富士桜と白樺の芽吹き
e0017562_23491931.jpg
枝垂桜
e0017562_23493066.jpg
[PR]
by mfthirano | 2009-04-24 23:57 | 春の庭

雨の日に成長する楽しみ

5月4日 2日~3日の雨の日の楽しみは

 小径やレンガや木肌が雨にぬれて黒色に落ち着いて、草木の緑が引き立つ
白やピンクやブルーの花が鮮やかに浮かび上がる

 カラマツの葉は濃い緑に、白樺の葉は透き通るような黄緑に、
庭の木々の新緑がこんもりとうす霧に浮かび、
木も草も雨の中で緑になり成長します
高原はまだ肌寒さを感じます

 散りだした桜の根元に出てきたエンレイソウの葉や花に、花びらがかかる
スミレやはこべやケマンソウやオドリコソウやカキドウシなどが
あちらこちらに咲きだし、ぐっと伸びる

 これからは草取りも日課となるが、めでる草は多く、取る草は少ない


雨の小径に散る桜と咲き始めた忘れな草
e0017562_19135893.jpg



咲きだした白と赤のタイツリソウ
e0017562_21525462.jpg
雨のコケとグラスとタイツリソウ
e0017562_21535491.jpg


黄花カタクリ
e0017562_21544597.jpg
エンレイソウ
e0017562_223385.jpg


赤花ミツマタ
e0017562_224710.jpg
白三つ葉つつじ
e0017562_2245654.jpg
[PR]
by mfthirano | 2008-05-04 19:14 | 春の庭


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧