花のある暮らし



カテゴリ:富士山( 15 )


2015年の締め括りに

12月20日 一発のミサイルが大戦の引き金になる危機

 宿敵のロシアとトルコ 数限りない露土戦争 火薬庫に火がついてしまった
身震いするような危機を感じます
今のところNATOの一員のトルコと本格的な戦闘になりませんが
内外に追い詰められたプーチンが何を仕出かすか 固唾を呑む状況です
第一次大戦の引き金となった”サラエボの銃弾”にもあたる危険性をはらんで
”トルコに向けたミサイルには核弾頭が搭載できる”などと挑発=口撃しています

 中東問題はEUを揺るがしていますが
その真っ只中で日々命の危険にのさらされている人々のことを思うと
いたたまれない思いに駆られます
国境を硬く閉じる日本 閉鎖社会の中でぬくぬくする私たち と思っても
アフガン戦争でアルカイダを生み出しイラク戦争でISを生み出したアメリカ
と手を組んだ安部の安保路線に踏み込んだ日本にいる私達は
この世界の動きの渦中にすっぽりと入っています

 オープンガーデンで皆様からいただいたカンパの送り先を
散々悩んだ末 福島の原発事故被災児へおくるという当初の趣旨から
シリアの難民の子供たちのための緊急要請を発しているUNISEFに
変えて 12月18日に30万円送りました

 もちろんこれで済むことではありません
第二次大戦の前夜のような分裂と抗争 火種が世界を覆って
2016年を迎えようとしています

 藤田つぐ治の"アッツ島の玉砕”を見ました。
一兵も一弾も要求しないで玉砕するまで戦ったという悲劇

"杉原千畝” 独ソ戦時下の緊迫に欠ける映画でしたが
決断と実行の底にある人間性に打たれました

 危機の時代に耐えられるのかと自問しながら 今出来る何かをやっていく
ささやかなガーデンでも 人間的なものを発信していきたいです


ユニセフの受領書です
e0017562_20302771.jpg



12月24日クロアチアの湖畔で撮影した
          野生のクリスマスローズです
e0017562_2034249.jpg

[PR]
by mfthirano | 2015-12-20 03:45 | 富士山 | Trackback | Comments(2)

花は心の栄養です

3月12日 3.11から一年
 仮設に暮らす方々が寄り添ってガーデンシクラメンを植えながら笑顔で語りました
生きている喜びを感じるひと時です 花の持つ力を感じます

 3.11から 歌う人は「歌で何ができるのか」と自問し
演劇人は「自分が演っていることに意義があるのか」と問い迷う中
何もかも失った方々の心に笑顔と希望を点す道を見つけています
私たちもチャリティーオープンガーデンで望外の賛同を得ました

 誰もが千年も前のことは忘れて 今の利便さに安易 に流されます
ところがこの五千年で五回も大津波はおきているといわれます
 大ナマズの上のここに暮らす私たちにとって「何でも起こりうる」のです
人類は一万数千年前に小惑星の衝突を経験している これが氷河期を作った
という発見がなされているようです この時津波は?

 地震 津波 原発 この三重苦の中で思います 
絶対的な堤防はない 自然に逆らわない生き方をさぐる
従容として死を受けいれる ここに住む者として。
「ニーチェの馬」という映画から受けた衝撃です

 雪の多い今年 3~40センチの雪かきを6~7回もしてしまいました
ラニーニャが終息したとのこと エルニーニョが来るかも
地球の大きな動きも 日々の生活にまで至ります
今年も雪解けと花の季節を待ちつつ 裾まで真っ白の富士を望んでいます

 昨年皆様から託された大震災義援金九十万円は昨秋
被災孤児育英資金として宮城県知事あてに送金しております
丁寧なお礼の手紙を頂いたことも事後ながら報告の上ご了承お願いいたします
有難うございました


アレンジ
e0017562_1601897.jpg
春のサンセット
e0017562_161033.jpg


雪の朝 薄野まで真っ白
e0017562_1624478.jpg



桃の花のアレンジ
e0017562_1633056.jpg



まんさく
e0017562_16487.jpg
赤目ネコヤナギ
e0017562_1644685.jpg
[PR]
by mfthirano | 2012-03-12 12:20 | 富士山 | Trackback | Comments(2)

2012年 明けましておめでとうございます

2012年1月1日 寒さの緩んだ風のある元日です

 今年は「花のある暮らし」の本来にたち返って
花を通してつながる人と人の輪・和の広がるのを楽しみたいです
広がりすぎた交流に疲れを覚え もっと身近に名前と顔でお付き合いしたい
昨年のオープンガーデン以来の念願です

 お陰様でご近所に花を咲かせ冬も過ごすという方々も増えてきました
名刺の無い 肩のはらない ただ花をめでる目と心でのみ
繋がっている人と人の関係です
もちろん皆さん何十年といき 味わいと含蓄のにじみ出る
ここに生きる喜びを持っている方々で
利害や貴賤から解放されているのがいいです

 「この人に見てもらいたい」と花を作る そのために汗を流す
力の及ばないところには目をつぶってもらう
どんどん力が及ばなくなってもそれもまた受け止めてもらえる
「おもてなしの心」を共有する楽しみ を目指したいです

 世の中の厳しさと隔離された こんな桃源郷があるだろうか
山荘の散人の 正月の夢 です


だいおう松の正月アレンジ
e0017562_219927.jpg



元旦に 山中湖から
e0017562_2194922.jpg



元旦の富士 湖上にオデッサ号
e0017562_21103616.jpg

大晦日の穏やかな日没 アトリエプチカより
e0017562_21113994.jpg

[PR]
by mfthirano | 2012-01-01 22:27 | 富士山 | Trackback | Comments(1)

富士の朝焼けと夕焼け

8月19日 真っ白のフロックス花魁草に囲まれて

 顔の高さのフロックスの白花の林を掻き分けるとほのかな香りに包まれます
七色の花の終わりには真っ白のフロックスが咲きだします
白のベルガモットと白花のブッドレアと 白の斑入りのすすき
アナベルアジサイとのホワイトガーデン
夕暮れ時 白と香りに包まれて不思議の国に入ったようです

 十日間も幼子と遊んで庭の手入れが遅れましたが 花は咲いてくれています
ユウスゲ 桔梗 オミナエシ ミソハギ マツムシソウ ルドベチアタカオなどの秋の花や
二番花のバラたちがちらほら
残暑厳しい折ですが 花たちは秋を感じ取っています

 台風一過の朝 東の空を染める朝焼けと その赤を投影した赤富士
朝4時50分から10分間の幻影のようです
そして秋を告げる 富士を包む夕焼けは湖を赤く染めます


白花のフロックス花魁草
e0017562_2312947.jpg
ブッドレアとフロックス
e0017562_2325456.jpg


サワギキョウ(宿根ロベリア)
e0017562_2334416.jpg
ミソハギ
e0017562_2343839.jpg


ピラミッドアジサイ
e0017562_236134.jpg
ユウスゲ
e0017562_2364984.jpg


赤富士
e0017562_2374425.jpg



山の夕焼け
e0017562_2384995.jpg

[PR]
by mfthirano | 2010-08-19 23:12 | 富士山 | Trackback | Comments(0)

とんびと富士と流れ星

10月19日夜半 庭の真ん中で流れ星を見ました

 透きとおる秋の青空を とんびがピーヒョロロと啼きながら十数羽で円を描いています
久しぶりに望む南アルプスの連山には 夕焼けのオレンジ色でくっきり稜線が浮かんでいます
昨日は7合目までの初冠雪 今日は秋の頂上サンセットを捉えることができました

 深まる秋の紅葉 ドウダンつつじやヤマボウシ ナナカマドなど
ノバラやツリバナ 梅もどきなどの赤い実 といつもの秋模様です
庭は秋バラやリンドウ 大文字草や菊と 秋の終わりの花たちです

 夜半 満天の星を見入っていると 天空に引き込まれていきます
星と空間とに分離しない 未知の暗黒の宇宙の雲がこの大空に6割もあるといいます
そこには人知が及ばない まったく別の世界があるのでしょうか
悠久の宇宙の広がりを思っていると 瞬く間に流れる光
空のあるありがたさ 地球があり今ここに生きているありがたさ を思います


初雪の富士
e0017562_9434381.jpg



秋のアレンジ
e0017562_9501360.jpg
梅もどき
e0017562_9511122.jpg


アッシュウェンズディー
e0017562_9524051.jpg
秋色の柏葉あじさい
e0017562_954127.jpg


サミットサンセットとラベンダーラッシー
e0017562_9551659.jpg
e0017562_957910.jpg
[PR]
by mfthirano | 2009-10-20 02:58 | 富士山 | Trackback | Comments(1)

庭からの富士山頂サンセット

10月20日 黒富士や つるべおとしの 秋の夕

 庭から山頂にサンセットする瞬間を捉えるのは意外に機会が少ない
今年も曇り続きで無理かなと思っていたところ
その瞬間だけぽっかりと山頂で太陽が雲間から顔を出しました

 スモークツリーやヤマボウシ早手のもみじなどの紅葉が進み
もうここはすっかり秋色、大洞山の稜線から秋は降りてきています
夕暮れ時の茜色の空が富士の裾野から南アルプス連山に広がり
毎年見ていても、このグラデーションに手を休め、見入り
ついに秋の短い一日は終わります


山頂のサンセット二題
e0017562_233711.jpg
e0017562_26329.jpg


フラワーアレンジ
e0017562_10282217.jpg
大文字草
e0017562_2113624.jpg


白花イワシャジン
e0017562_213561.jpg
イワシャジン
e0017562_2145713.jpg


ヤブランと秋色の弁慶草
e0017562_2175718.jpg
イソギク
e0017562_2192669.jpg
[PR]
by mfthirano | 2008-10-21 02:27 | 富士山 | Trackback | Comments(0)

雪の山中湖と富士

2月18日  -15℃の朝の山中湖畔
 
 北京から来訪の50歳代のご夫婦、同じような寒さということで、割に軽装で湖畔に来ている
雪のない北京と比べて、雪の富士と氷の山中湖がいいという
3~40年前は全面凍結しスケートやワカサギ釣りで賑わったという山中湖だが
-14~5℃の日が続いても全面凍結しない

 きららの広場を中心に湖畔のダイヤモンド富士と夕暮れのキャンドルフェスは
16日は一層盛り上がって、冬の山中湖を楽しませてくれています

 ネコヤナギ、ミツマタ、まんさくも開花を待って、馬酔木は蕾が霜げてしまった
春を待つ中、家の中でクリスマスローズやフラワーアレンジを楽しんでいます
5~60cmの雪の中で念願の2つ目の薪置き場を作り、これで三ヵ月分ストックできます

 雪のある山中生活も楽しい


長池からのダイヤモンド富士
e0017562_12171213.jpg
アイスキャンドル
e0017562_12182977.jpg


紅富士にたなびく雲
e0017562_12222113.jpg
うちの屋根のツララ
e0017562_12253213.jpg


湖畔の静けさ
e0017562_12271032.jpg
エクシブからのきららの冬花火
e0017562_12282257.jpg


あごの黒いシメと黄色の羽のあるカワラヒワ
e0017562_12294644.jpg
アレンジ・トライアングルのテスト作品
e0017562_12311295.jpg
[PR]
by mfthirano | 2008-02-18 12:37 | 富士山 | Trackback | Comments(3)

輝く雪

2月8  立春がきても、山中湖も雪の日が多く寒いです

 山中湖を脱出して、歌舞伎や演劇.映画を見たり、ビックサイトに行ったり
暖かい地に出かけたりして、久しぶりのこの地です
 
 雪の朝、陽の当たり始めたころ、中央高速を走ると、普段なんでもない景色が一変します
氷雪に光り輝く大小の木々は、一本一本樹形に合わせて雪の花を咲かせ
折り重なって林をなし、連綿と連なって遠い近いと山並みをなしている
ここから絵画は生まれるんだと横目で見つつ、でも写せない
悔しいが山中湖に着いた頃は普通の冬景色になっている

 何回か積もった雪は4~50CMになって、久しぶりに一日雪かき
玄関から門へ、薪とり道と通水、ベランダと車スペースへと汗を流す

 花芽を出し始めているクリスマスローズやムスカリ、寒冷紗のかぶった庭も
ただ厚く平らく雪をかぶっている

 今朝は寒かった、正面の紅富士と紅さす南アルプス連山の見慣れた朝
さあ湖はどうなっているか
“夕凪の湖畔”からの富士、目の前の湖は全面氷結した上に雪をかぶって真っ白
三国山のススキに朝日が当たり、パッと明るくなる
急いでちびっ子広場の撮影ポイントへ
流れ込む温水に移る逆さ富士と氷に閉ざされたスワン号、-16℃の世界です

 そして今年も始まっているダイヤモンド富士の追っかけ
今年も20日まで、湖畔はローソク祭りなどで賑やかになりそうです


逆さ富士
e0017562_252433.jpg
ママの森とスワン号
e0017562_265955.jpg


ちびっ子広場からのサンセット
e0017562_284294.jpg
“夕凪の湖畔”から
e0017562_21024.jpg


ダイヤモンド富士を撮る人々
e0017562_211313.jpg



雪のボウシをかぶったエンゼル
e0017562_2122773.jpg
夕暮れの飛行機雲
e0017562_2135990.jpg
[PR]
by mfthirano | 2008-02-09 00:19 | 富士山 | Trackback | Comments(4)

秋晴れに ひねもす のたりのたりして

10月20日  長々の 秋雨に 晴れを忘れる  

 程でしたが、今朝は
 
  冠雪の 富士の高峰に 登山道   

 がくっきり浮かぶ

  3000mの 南アルプスも 雪化粧  

 している。そして今

  うちからの ダイヤに光る 富士は過ぎ   

ていた、残念
      (秋の夕日の落下点は日毎、富士の右側のすそ野を這い上がるように上り、
      頂上を越して、左のすそ野に移ってゆく。頂上に沈む瞬間ダイヤのように十字に光る)

  竜胆と 庭のサルナシ あけびの実

  柏葉の アジサイの葉も 紅葉し


初冠雪の富士
e0017562_182072.jpg



富士の竜胆
e0017562_189742.jpg
ローズリーフセイジ
e0017562_1811788.jpg


三つ葉あけびの実
e0017562_18121487.jpg
サルナシ
e0017562_1813560.jpg


ツルウメモドキのはじけ始めた実
e0017562_1814772.jpg
柏葉アジサイの紅葉
e0017562_18151669.jpg
[PR]
by mfthirano | 2007-10-20 18:23 | 富士山 | Trackback | Comments(2)

ベランダからのダイヤモンド富士

2月25日 まさに我が家からのダイヤモンド富士を望む
と思いきや、雲の厚さにどんどん陽は細って、かすかな存在を示すのみ

 毎年そうなのかもしれない
いつの間にか、夕陽の沈む地点が山頂の左肩・宝永山から右肩・スバルライン五合目へと
移ってしまい、山頂のサンセットを見損なっていた

 これからは夕暮れが山を降りるので日ごとに陽ざしが長くなって
いよいようちの庭にも春を迎える


ベランダから望む山頂のサンセット
e0017562_18334112.jpg
パノラマ台からの夕陽(17日)
e0017562_18444586.jpg


湖と南アルプス
e0017562_18464832.jpg
今朝の紅富士
e0017562_18504310.jpg


庭のネコヤナギ
e0017562_1852150.jpg
ばらとチューリップとクリスマスローズのアレンジ
e0017562_1854419.jpg
[PR]
by mfthirano | 2007-02-25 18:57 | 富士山 | Trackback | Comments(5)


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧