花のある暮らし



カテゴリ:ナチュラルガーデン( 14 )


宿根草とバラの庭

7月7日 七月に入ってやっとバラが咲きだしました

 気の置けない知人友人の来庭で 急がし楽しの日々です
その一日 庭で写真撮影の講習会でした
「マイガーデン」の写真家F 先生のレクチャーと実習です
一眼レフのカメラで絞りを固定する撮影で花と風景の
立体感のある写真深みのある写真を撮ろうという講習です
写す所・角度の見つけ方 構図 明るさスピードなど
一人ひとりの画像を示しながら写し方を教えていただきました

 部屋に飾っているクロアチアの絵の作者のY 先生と友人の方々とも
50年も前にヨーロッパを遊学した苦労話など伺えました
又部屋の{バレリーナ」の絵について 親しい友人から
「白鳥の湖」の黒鳥が王子を誘惑するクライマックスの場面ですよと知らされたり
部屋のレリーフを選定して頂いたデザイナーのY さんの来庭など
今年は本当に充実した時間を持てています

 庭はクレマチスやオルレア フウロ ジギタリスなど花の終わりに差し掛かり
咲き出したバラも傷んだ状態で 言葉もありません
それでも皆さん 自然のままのような庭でいい
こういう庭を維持するのは大変ですねと 励まして頂きます
富士の見える花いっぱいの庭 に喜んでもらえて何よりです

 これからの庭つくりをどうしたらよいのか
失敗つづきで前途多難 いつになったら満足がいくのか
手足腰がイタイイタイといいながら庭に出ています


フジアカショウマとティアレラ
e0017562_18421679.jpg



アストランティアとクレマチスサーロモン
e0017562_18431248.jpg
アストランティア
e0017562_18293052.jpg


バラ テスとポールズの棚
e0017562_18445875.jpg



ポールズヒマラヤンムスク
e0017562_18455549.jpg
ピンクのノバラ
e0017562_18313666.jpg


アカンサスモーリス 後ろはディアボロ
  手前は銅葉のサンショウ
e0017562_18324156.jpg
オリエンタルポピー
e0017562_18335192.jpg


バラ テスとクランベグランディフォリア
e0017562_18355484.jpg



e0017562_18525027.jpg

[PR]
by mfthirano | 2012-07-07 07:29 | ナチュラルガーデン

うぐいすと暮らす庭

6月4日 6月は山中湖の庭にも見に来てください

 5月の庭はうぐいすの幼鳥がさえずりの練習をしていました
昨年までは前の藪でしたが今年はうちの庭もはいりました
親子で早朝から日暮れまでこずえを渡りながら唱和して 日々上手になっていくのが分かります
この頃には一人(?)立ちでしょうか分かれて歌っています
庭の手入れの頭上で姿を見せる やっと身近に慣れてきました
郭公や山鳩の声は遠くになりました

 小鳥や蝶の舞う花の庭を目指して 薬剤を使わないように心がけてきましたが
毛虫や虫  自然のままをどこまで維持できるのかと問うています

 芝に横になり苔むした溶岩の縁石を枕に見回す目線には
夕日にすける春の草花が 白赤青緑 銅葉と立ち上がって映ります
 これ以上の豊かなものはないとつぶやきます

 この間 「草笛の丘」や吉谷さんの庭作り講座(京成バラ園)
「野鳥の森ガーデン」での河合さんの庭つくり案内に参加したり
権田さん斉藤さんのお庭拝見 増田さんの初々しい庭など拝見して
どちらのお庭も本当に愛情をこめてお手入れされた生き生きしたお庭で感動しました
そのお庭で旧知の人に逢ってうれしい声をあげたりするのは幸せそのものです
庭の作り方や色の合わせ方を学んだり 感性ややる気に接して 話が尽きません

 六月はいよいよ山中湖の庭の季節です
やはりうちの庭も見てもらいたい でも進歩の無いところは目をつむってもらいたい
とぐるぐる巡りしている間に 草花も雑草もどんどん育っています

 六月下旬から七月はじめは
親しい皆様と 庭と花をみて談笑する期間にできればと思います
二十日過ぎは大体在宅しています。 庭にお出でをお待ちしています
出来たら事前にご連絡頂きたいです


クレマチス  モンタナルーベンス
e0017562_3452313.jpg
フウロとオダマキ
e0017562_3471572.jpg


一番バラのヒューゴニス
e0017562_3491248.jpg
白花藤
e0017562_3502864.jpg


キッチンガーデン
e0017562_3512581.jpg
ねぎとチャイブ
e0017562_3531386.jpg


ホサギラ
e0017562_3553675.jpg
かろうじて一輪だけ咲くボタン
e0017562_3572233.jpg


黒花フウロ(手前左)
e0017562_3591276.jpg

[PR]
by mfthirano | 2012-06-04 08:24 | ナチュラルガーデン

むせ返るようなおしろいの香りの庭

8月29日 連日の大雨で八王子が心配です

 雨の合間の夕暮れのひと時
朽ちた草葉と咲き終わった花を一本一本手入れをしています
色とりどり何色といえないほどのフロックス花魁草、
この大雨で花びらは落ちて、雨の強さを感じます
例年台風の風と雨で乱れるところですが、今年はまだ
すっと立ったまま花びらが減っています
遅れて開花した白花は夕日にいっそう白く透けて、光っています

 雨で元気になった露草やアカマンマなどの下草をとったりしていると
頭の先からつま先までさらには庭の隅々まで
甘い香りに包まれていることに気がつきました
何だろう、花魁草に鼻を近づけても香りません
咲いているルドベキアタカオや吾亦紅、田村草やあじさいなどではありません
花魁草の周辺にいると特に香るようです
夕方風や手入れで揺れたときに香りを放っているようです

 この香りに包まれてある記憶がよみがえってきました
疎開先の八王子の山奥、上恩方に暮らしていたころです
そのころは結婚式も葬式も農家の何十畳もある座敷で行っていました
その結婚式は男も女も一世一代の盛装でずらっと並んで
今ではまるで映画の世界です

 子供たちは三々九度の稚児にあこがれたいました
ちょっとしたおすそ分けが嬉しくて土間からよくのぞいたものです
それが花魁草と何の関係があるのかというと
このときの結婚式の香り なのです
それは盛装した女のポンポンとたたいてつけたおしろい(白粉)の
座敷から庭からほのかに広がる香りなのです

 その香りが今よみがえってきました、
五~六十年ぶりの再会です

 そのころはこの地の農家の庭先ではどこにでも咲いていた花です
見たことはあったし名も知っているのですが、今結びつくことが出来ました
 おしろいの香りです

 大雨続きで香りはすぐ流れてしまいますが
体にしみこんだこの香りはなくなりません
     (この香りは香るギボウシ・玉かんざしという人もいます)

 おしろいの遠い記憶のよみがえる 七色に咲く哉 花魁草

 おしろいの よみがえる記憶 花魁草


苦心作のアレンジ
e0017562_0372752.jpg
返り咲きの
ホワイトドロシーパーキング
e0017562_035115.jpg


アスターとユーパトリウム
 (庭の草花で作りました)
e0017562_0295762.jpg
ジャストジョイ
e0017562_0273684.jpg


リグラリア
e0017562_02292.jpg
ホクシア
e0017562_0261327.jpg


白花のフロックス花魁草
e0017562_03322.jpg
斑入りグラスと白花フロックス
e0017562_0201466.jpg
[PR]
by mfthirano | 2008-08-30 07:47 | ナチュラルガーデン

庭は夏に変身中

7月21日 夏休みと言ってもまだ夏の陽ざしが来ていません

 毎日霧雨でじめじめして、虫や病気がはびこっています
初夏の花たちは雨に打たれてすぐだめになるため、
思い切って切り取っては、部屋の中を楽しませてくれます

 伸びた草と葉っぱ、終わった花がら、これから咲くのを待っている草達が
入り混じる今の庭はどこからどうしたらいいのか手をつけるのも大変です
自然な風合いを残しながらこの庭を変えるのはなかなか難しい

かんかん照りの来ない今がやり時、この時を逃せない
やっとこの2週間で思い切った手入れが出来てきた

 たくさんのギボウシに次々花が咲き始め、
梅雨に強いあじさいと共に生き生きした姿を見せてくれている
クレマチスやシュウケイバラも良く咲いている
霧の立ち込める庭にたたずみ、ひそと咲く花を眺めるのもなかなかの風情です


エクセルサ スタンダード
e0017562_21225376.jpg
e0017562_21235490.jpg


ギボウシの花
e0017562_212611.jpg
大葉ギボウシ
e0017562_21273786.jpg


シモツケ
e0017562_21452357.jpg
白花シモツケ
e0017562_21303317.jpg


アナベル紫陽花
e0017562_21311718.jpg
ガク紫陽花
e0017562_21491177.jpg
[PR]
by mfthirano | 2007-07-21 02:56 | ナチュラルガーデン

再会の涙

4月28日  思わぬ雹で一番桜は散っても、夕陽に浮かぶバラの赤芽はきれい

 らく葉の下から芽吹く草々に 寒さに耐えて再会の涙す

 荒々と命を寄せぬと思う地も 枯れ枝が守る自生の力

 さむ風に耐え切れず枯れたバラの枝 ごめんなさいとハサミを入れる

 夕映えのバラの赤芽と水仙の黄 バナナベンチに並び味わう


フラワーアレンジ
e0017562_0101188.jpg
富士と南アルプスに沈む夕陽
e0017562_09032.jpg


黄花イカリソウ
e0017562_0182971.jpg
大花のエンレイソウ
e0017562_021541.jpg


黄花かたくり
e0017562_0222512.jpg
リュウキンカ
e0017562_0231868.jpg


クリスマスローズ
e0017562_0273762.jpg
富士桜のトンネル
e0017562_0284135.jpg
[PR]
by mfthirano | 2007-04-29 00:29 | ナチュラルガーデン

富士桜が春を告げて

4月23日 暖かい日が続いて、富士桜が2分咲きに
 
 冬越しして小さくなっていた忘れな草の株がこの2~3日で急に大きくなり
松虫草の今年咲く株もぐんぐん葉を広げてきている
クリンソウの株もいつの間にか大きくなっている
山シャクヤクが銅葉の間にまん丸な蕾を見せている

 どこからともなくウグイスのつがいの合唱が聞こえてくる
耳を傾けていると、目の前の富士桜の枝に、めじろが2羽、
桜の花から花へ蜜を求めて戯れている

 三つ葉つつじのピンク、日向水木のうす黄、レンギョウの黄などの花、
バラのえんじ色の新芽・・・・
やっとながい冬から春が来たといえるうちの庭です


一番咲きの富士桜
e0017562_19473093.jpg
レンギョウ
e0017562_19495545.jpg


日向みずき
e0017562_19513549.jpg
プリムローズ
e0017562_19523975.jpg


シロカネソウ
e0017562_19534242.jpg
イブキトラノオ
e0017562_1957516.jpg
[PR]
by mfthirano | 2007-04-23 18:20 | ナチュラルガーデン

真っ赤なベルガモット

7月17日 つゆ空の下で
 玄関前の白樺の白い木肌の下では
4~5年経った修景バラフェアリーのピンク・白が花盛りとなり、
その隣でアスチルベ、風知草が風にそよぐ
 庭の真ん中では真っ赤なベルガモットが広がり庭全体を元気にしている
 木陰のコーナーにつながる木のアーチにはハニーサックルと赤花のバラキング
 庭の至る所にある青葉や斑入りのギボウシも薄青の花が咲き出している
 富士桜の並木の足元の青花のアジサイや
パーゴラのバナナイスを囲む真っ白のアナベル紫陽花が咲き出している
昨年植えた山紫陽花が元気な株で白花を咲かせた
その頼もしさを見て今年は山紫陽花を増やした
 庭のバラはほとんど咲き終わり切り戻しや枝透かしをした
つゆの終わりのこの頃も、カラフルな花々と葉に囲まれる庭です


玄関前の風景
e0017562_14262244.jpg
赤花のベルガモットと咲き出した九がい草
e0017562_14274341.jpg


バラキングとハクロニシキ、ネグンドカエデ
e0017562_14421847.jpg
咲き出したギボウシ
e0017562_14444132.jpg


スタンドバラエクセルサとリシマキヤファイヤークラッカー
e0017562_14475052.jpg
バナナイスとアナベル紫陽花
e0017562_14585192.jpg


[PR]
by mfthirano | 2006-07-17 15:06 | ナチュラルガーデン

つゆ雨の合間に光る花

7月7日  今年も天の川は見られないでしょうか

 オープンガーデン最後の7月2日は、強風と大雨のなか
庭を見においでいただいた方に、花への強い思いを感じました

風と雨で倒れた花はこのときとばかり切花にします
傾いた花は枯枝を支柱にして起します
花は雨の重さで下向きになり耐えています
雨のあたったバラの花は皆いのちが終わります
何百もの花がらと落ちた花片とわくら葉を拾いながら
次に咲く花の息吹と香りを感じとります


 露に光る花々、蝶や小鳥に囲まれながらも
ドーンドドドッという演習の音を聞くと
何かしなければと思いつつ、過ごしてしまう現実です
 ブログ1周年、今後もよろしく


銅葉リグラリアと咲き出したアスチルベ
e0017562_14554476.jpg
e0017562_1457970.jpg
大葉ギボウシとアナベルあじさい


リグラリアとへメロカリス
e0017562_1541439.jpg
e0017562_1564878.jpg
今朝の
富士


松本センノウと鳥足ショウマ
e0017562_1594492.jpg
e0017562_15113675.jpg
十和田アシと
白アスチルベ
[PR]
by mfthirano | 2006-07-07 15:20 | ナチュラルガーデン

オープンガーデン致します

6月19日 梅雨の中でみていただく庭
 6月24日から7月2日、山中湖の3庭共同でチャリティーオープンガーデンを行います
私ども、初めてのことで、自己流の庭が來庭の方に受け入れていただけるかどきどきです
7年の間、原野を切り開いて夢中で造ってきた庭、
このあるがままの庭をごらんいただき共感していただければ幸いです
 テーマがない、同じものがあちこちにあって統一がない、など評価いただきますが
一つ一つのポイントでは寄せ植えのハーモニーや花の美しさ、
自生の草木と共生するナチュラルさなど感じ取っていただければなと思います
大きな花の富士アザミ、山うどの花、姥ゆり、サンショウバラ、富士桜、スミレなどなど
庭つくりでは皆とって捨てられる草木ですが、私どもの庭では主役の一つです
そして洋バラたちも主役の一つになりました
そんな庭を共に楽しんでいただければ、私どもにとっても励みになります


メギとクレマチスジャックマニー
  マーガレットハント
e0017562_8235748.jpg


バナナチェアーとカルミア
e0017562_827927.jpg


クレマチスモンタナマジョリー
e0017562_8331678.jpg


*今日のバラ達
サーエドワードエルガー                  エヴリン
e0017562_8381855.jpg
e0017562_840772.jpg


ライラックローズ                       ジョンクレア
e0017562_8433561.jpg
e0017562_8453364.jpg
[PR]
by mfthirano | 2006-06-19 03:16 | ナチュラルガーデン

"フェアリーたちの庭"と呼ばれる喜び

6月5日  分かち合う喜び
 先日、ブログを通じての初めての方が庭を見に来てくれました
そしてご本人のブログに感想を書き込まれ、私達も覗かせていただきました
その中にこの庭を、“フェアリーたちの庭のよう”と表現されています
私達はこのブログにあらわしていただいたことに、気押される思いです
公園風ではない、この地のものと共生するナチュラルな庭
次々と花が咲く、銀色や銅色の葉が緑に調和する庭
ここから見てもあそこから見ても寄せ植えに見える飽きない庭を造りたい
多くの先人に教えを乞うて心の赴くままにここまで来ています
そして見に来ていただき少しでも満足していただけたこと
同じ思いをしている方がいることに、喜び、励まし、力を得た思いです
『富士を望むバラと宿根草の庭」つくりと絵つくりで
友人にアドバイスいただきながら、一所懸命です


ネグンドカエデからの庭
e0017562_1332306.jpg



花しのぶを前に
e0017562_13393883.jpg



咲き始めたバラたち
アンバークイーン                    モーティマーサックラー
e0017562_13424116.jpg
e0017562_13442880.jpg


ワイルドイヴ                          ラプソディーインブルー
e0017562_13521610.jpg
e0017562_13532689.jpg
[PR]
by mfthirano | 2006-06-05 14:01 | ナチュラルガーデン


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧