花のある暮らし



<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


秋の日差しを求めて

9月29日 毎晩床暖房を入れるほどです

 今年はどうしてこう雨が多いのかと天をにらんでしまいます
昨日はつかの間の半日晴れ、バラも秋の体力つくりです
バラの日光浴のため庭木をもう一本枝おとし、
秋の日は短い中で、1時間でも日当たりをよくするためです
今年は秋バラの花芽も出て10月のバラも楽しめそうです

 嬉しい悲鳴が聞こえました
今年も庭にびっしりとアシナガ(なら茸)が出たのです
長雨のあとの暖かい晴れ、絶好のきのこ日和に大収穫です
シオンやトリカブトも咲き出し、秋の深まりを感じます


庭の楢の木で造った土留めに出たなら茸
e0017562_9432825.jpg
黄上臈ホトトギス
e0017562_9455225.jpg


背丈に伸びたシオン
e0017562_101411.jpg
唇の形の清楚な花アキチョウジとダリア
e0017562_1023856.jpg


竜胆・岩手おとめ
e0017562_1075277.jpg
トリカブト
e0017562_109462.jpg


今咲くバラ
モリニュー
e0017562_10131463.jpg
ブレダン
e0017562_10142312.jpg


ベンジャミンブリテン
e0017562_10171222.jpg
イレーヌワッツ
e0017562_10181995.jpg
[PR]
by mfthirano | 2006-09-29 06:30 | 秋の庭 | Trackback | Comments(6)

台風に一憂一喜

9月23日 秋分は晴れると決まっている?

 台風がそれて今年の庭は最小限のダメージで済みそう
富士のすすき野の空は広く、高原の風は澄んでいる
もりアザミ、田村草、富士アザミ、小山ボクチ、ユウスゲ、山ラッキョウ、ウメバチソウ・・・
秋を感じさせてくれる山野草も嬉しい

 台風一過の雲の流れは速い、秋の夕暮れも早い
富士のかさ雲に夕陽が当たり、一瞬ピンク色に染まる
夕焼けのすそ野に浮き上がるススキの穂が風にそよぐ
黒くたたずむ山中湖の先の山中に真っ白のホテルが浮かぶ
その上にむくむくと積雲が被い、さらにうえは夕陽を浴びた黄金色のホウキ雲
振り返ると峠越しに向かってくる雨雲
薄闇くれる大地の360度のパノラマに身を任せる

 秋雨前線で花も痛み、病気も広がり、庭に出られない日がつづき
この三日やっと作業日和に恵まれている
 来春の一瞬の輝きのために、今は地味な作業を続ける
バラの周辺の空間を開ける移植、バラの日光浴のための楢の木の小枝落とし・・

 わい性のピンクの秋明菊、白い八重の秋明菊が咲き、
白花の萩も終わろうとして、秋も終盤になってきている
そしていますばらしいのがユーパトリウム
白花青花に、銅色の茎に白花と、長雨にも負けないでさき続けている


岩シャジンと山の風知草
e0017562_12244782.jpg
   白花ホトトギスとシュウカイドウ
e0017562_12255942.jpg


散り始めた白萩
e0017562_12283058.jpg
   花シキブ
e0017562_12302967.jpg


やっと咲いたオヤマボクチ
e0017562_12344592.jpg
バナナイスの前の富士アザミ
e0017562_12361064.jpg


背の低い秋明菊 ピンク
e0017562_12395677.jpg
   秋明菊 白
e0017562_1241158.jpg
[PR]
by mfthirano | 2006-09-23 05:16 | 秋の庭 | Trackback | Comments(2)

秋の庭と花

9月5日  9月に入ると花は秋を知らせる

 5時、夜明けの朝は花も葉も雨にぬれたようにしっとりとし、
赤富士も毎日望める
木々は緑なのに草は秋を確実に感じ取っている、
そしてイノシシも。
 今一番の悩みはこれです
冬を前に子連れイノシシは、ところ選ばず、
ゆり根やギボウシ、山うど、富士アザミの根等
さらにはモグラやミミズなどをねらって、
鋭い牙で掘り起こし、天地ひっくり返ったようになります
お隣もそのお隣もと来て、
私どもの庭はまさに垂涎の的、美味しいものだらけ
3年前にゆり100本など、4回もやられて、
山野草コーナーはめちゃめちゃ
がっかりし、すっかりやる気を失くしたことを思い出します
ヒノキの杭を打って鉄のネットを張って
獣道をふさいで、一安心しました。
が、9mの正面の入り口は開きっぱなしでした。
良い手がないのです
このところ毎日車二台を横に並べてガードしています、トホホです
自然の景観を生かしながらさりげなく獣道をふさぎたい、
というのは無理なのでしょうか
見てくれと便利さを削って
思い切って囲んでしまうほかないのかと思案しています

 富士と山中湖の眺望スポットのパノラマ台まで4歳の孫と登りました
2mもの花穂を持ったススキを掻き分け、
白とピンクの花が満開のいたどりを折りながら
澄んだ空を見上げさわやかな風を受けて、秋を感じ取りました
うちの庭も秋の花になっています


更科ショウマ
e0017562_11584535.jpg
カラミンサとブルーアスター
e0017562_1253814.jpg


弁慶草
e0017562_17254530.jpg
セダムとアレキサンドラルネッサンス
e0017562_17265497.jpg


銅色の幹の白花ユーパトリウム
e0017562_12525022.jpg
白と空色のユーパトリウム
e0017562_12595072.jpg


スピリットオブフリーダム
e0017562_1742324.jpg
    イレーヌワッツ
e0017562_11441695.jpg


 
[PR]
by mfthirano | 2006-09-06 01:32 | 秋の庭 | Trackback | Comments(0)


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧