花のある暮らし



<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


十年目の山中湖の新年

2010年元旦 あけましておめでとうございます

 思いっきり花を咲かせてみたい とこの地を選んで十年になりました
“日常とはまったく違う空間”と“花のある暮らし”をめざして 第二の人生を過ごしたい
子育てから解放されて 自分たちの生き方とはと見直す中で掴んだのです

 仕事の合間の庭つくりは気分転換に何よりで
毎週十パレット位 車に何段にも積んできては 暗くなるまで夢中で植えて植えて
温泉で疲れを取って日常の仕事に戻る こんな生活が続きました
これもいい思い出となっています

 今この地から 権威権力を笑い飛ばせる自由人になって見ると
“大鵬の飛翔”を笑う小鳩になったり “尾を塗中に曳く”亀にもなったり
“無用の用”の散木の生き様に まさしく一つ同じになりつつあるなと思うこのごろです

 節くれだった拳骨のような樹と会話していると すっと鉞の通る筋を知らせてくれたり
バラの根元にある栄養を嗅ぎ求めて5mも根を伸ばす樹たちの知恵にびっくりしたり
枯れた茎と葉をしっかり離さずに寒さから根っこを守る草たちの姿を見たり すると
生命力の驚き 地球と言う小惑星に天が与えてくれたものに感謝してしまいます
”万物斉同”なんていうわけの分からない言葉が なんとなく分かってくるから不思議です

 東京の近くにこんな寒いところが・・・と言うくらい寒いですが
ドイツのミュンヘンのクリスマスマーケットはもっと寒かったです
時々の都心の生活も楽しみです 昨秋は年来のオペラの名作を堪能できました
“アイーダ”や“フィガロの結婚”など50年来の夢を映画で見られて感動です

 1929年の悪夢は実は前哨戦で1931年から本格的な大恐慌が始まり
30年代危機と大戦へすすんだ 歴史の今日的な再来は避けられそうにありません
人々の塗炭の苦しみの中で中道左派の路線は世界で破産し それからどうするか
“礼・仁”ではどうにもならないとき 大道へ立ち返る ということではないのでしょうか

 やっとバラの菰巻きが終って年を越せました
春の来るのを楽しみに 今年もまたご鞭撻の程よろしくお願いいたします


e0017562_918412.jpg

[PR]
by mfthirano | 2010-01-01 04:50


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧