花のある暮らし



<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


真夏の太陽にバラが一気に開花

6月30日 この数日の30度近い暑さで華やかなバラ達が主役になって来ました

 木陰のベランダには相模湾からの涼やかな風が通っています
ここで庭を一日中眺めていたいという声が数多くの方から聞こえます
私達も同じにこのベランダの談笑が大好きです
真夏のような日照りの庭ではバラがみるみる咲きだし
白ブルーの宿根草から赤ピンクの大きなバラの花に目を奪われます
白花のロサムルティフローラは散りだし
パーゴラのポールズヒマラヤンムスクが五分咲きになってきました

 パーゴラの木陰に座り 富士に通ずる道の椅子に座って驚きの声を上げる方
七連のアーチのフォーカルポイントに立って庭じゅうの写真を撮る方
ベランダに立って庭中を俯瞰したり富士を探す方
作業用の裏道まで通って 木の枝をくぐり野草にも目をくれている方
三百を超える来庭の方々それぞれに楽しんでいただけたような様子に
私どももうれしくなってしまいます

 ハンギングのベテランの方にもう一度来てみたいと声を掛けて頂いたり
庭つくりをしているプロの方に参考になりましたと言われたことには
11年やってきてよかったと思わずは高ぶってしまいました

疲れて疲れて来年できるかどうか このままいい印象のまま終わりにしようか
良い時が止め時では などと思い悩んでしまいます


ポールズヒマラヤンムスクとスモークツリー
e0017562_23421216.jpg



赤紫のアストランティアマヨールとフウロ草
e0017562_044253.jpg
白のアストランティアマヨールとクレマチスサーロモン
e0017562_04548100.jpg


つゆ草と白花ノコギリ草
e0017562_0475873.jpg
鳥脚ショウマと松本センノウ
e0017562_049646.jpg


薄ピンクの野いばら
e0017562_0502271.jpg
アジサイ2種
e0017562_051308.jpg


バラとオルラヤ
e0017562_0523020.jpg

[PR]
by mfthirano | 2011-06-30 22:38 | オープンガーデン | Trackback | Comments(6)

揺れ動く花の瞬間の美

6月28日 台風5号の余波で 大粒の雨と強い風の中で 見て頂きました

 毎年雨風のある梅雨時のオープンガーデンですが
わざわざ来庭し 濡れながら見て頂くのは大変なことです
地元の方も 朝一番滋賀から車を飛ばしておいでの方も
裾をぬらしながらも 一時間以上も丹念にポイントにたたずんで
写真に収めたり 目に焼き付けて頂きました

 雨と風で従来にない景観となりました
大風に軋む白樺に絡むクレマチスの揺らめくさま
ヤマボウシのびっしりと花のついた枝が揺れて花があるよと教えてくれる様
庭の真ん中の楢の木の枝から垂れ下がるモンタナマジョリーは
風に 花つるが吹流しのように揺らめいていました
真っ白に咲き並んだとげなし野バラの花びらは吹雪のように吹き散っていました
小道から望むヤマボウシとくれまちすと野バラの白い小花たちが揺れ動くさまに
花たちの生き生きとした躍動のようなものを感じました

 宿根草のそよぐ海の中に一番花のバラ達が赤ピンクと咲きだして
私どもが夢見てきた花の園そのものではないか
今しかない瞬間の美 といったものを雨の中で感じました

 208名もの方々がこの雨風にも来庭されたこと ともに感じられてよかったです
車を誘導し受付接待をして頂いたボランティアの方々にも感謝します
皆さんがニコニコと帰られる様子 こちらもうれしくニコニコお送りできました
e0017562_22382174.jpg

[PR]
by mfthirano | 2011-06-28 09:33 | オープンガーデン | Trackback | Comments(0)

発想の転換

6月23日 庭を見ながら勉強できました

 まだバラの咲きだす前の庭に
バラの専門家AさんIさんに見て頂く機会を得ました
「この庭は北海道と同じ咲き方です」
「バラにとって周りの宿根草の生育に負けない高さがあればいいんです」
「根が動き、水が茎に上がってこれが凍ると一気に枯れ込みます」
「個人の本格的なガーデンと言えるものが日本にも出てくるようになったんですね」

 今年バラやブッドレアの枯れ込みにまいって バラは難しい
これだけやっても出来ない やり方が悪いのでは など思い悩み
枯らしたことに罪悪感すら感じていた私たちに
救いの一言 これ以上ない励ましの言葉を頂きました

 20年前にバラクラに行って いつかこんな庭を作ってみたいと二人で話し
知らない花や好きな木を思う存分植えたり、きれいなバラを咲かせたい
と探し当てた富士高原のこの地です
こんなにも寒くバラの北限を超えているとは分らずに始めた庭つくりでした

 そして今年体力の限界と さらには寒さに負けて気力もなえてきた中で
この一言に 言葉の大きさを感じたことはありません
まさに目からうろこ 発想の転換です

 東京で良く育っている満開のバラに近づけたい 同じに咲かせたい
とばかり思って なんで、どうしてとバラにあれやこれや強制していました
もっとこの地に合った生き方、育て方で楽しめばいいんだと 思えるようになれたのです

 今年4月、芽が動き出した時期に -10℃の日が続き
大きなバラの枝がたくさん凍って枯れ込み小さなバラになってしまいました
そういうバラの根元から新芽が噴出しているのを見て
「北海道と同じです」
「バラの新芽が周りの草に埋もれないだけの台木の高さが残っていればいいのです」
という指摘に 冬越しの仕方の基本がわかったと思います

宿根草があってのバラ バラがあっての宿根草
庭づくりでやってきた こうありたい庭、 華やかでほっとする庭、
談笑しながら味わえる深い庭、 という漠然としたものを
「本格的なガーデンが出て来た感じ」 と言い現していただき嬉しいです

 オープンGの前から嬉しい来客が続いています
楽しい会話と準備に追われています


赤黒コーナー
e0017562_21204267.jpg



白と赤のシャクヤク
e0017562_21215475.jpg
クラリーセージ
e0017562_21232734.jpg


アリューム シューベルティー
e0017562_21243413.jpg
バラ アルバセミプレナ
e0017562_21253231.jpg


メギとふうろ草ジョンソンズブルー
e0017562_21262229.jpg
ブラキカムの寄せ植え
e0017562_212749100.jpg
[PR]
by mfthirano | 2011-06-23 09:14 | 一面の花 | Trackback | Comments(6)

ペレニアル ガーデン

6月19日 連日の寒い雨で床暖房と湯たんぽの生活です

 そんな中でちゃんと花を咲かせるのは クレマチスや宿根草 花木の数々です
クレマチスモンタナのピンクに続いて白花が満開になり
小花のモンタナマジョリーが楢の木から枝垂れ咲き出しています
クレマチスマルチブルーやベルオブウオッキング ナポレオンやジョセフィーヌ
等の大輪が庭のあちこちで盛り上がるように咲きだしました
この地に元から生えているハンショウヅルも赤や薄茶のかれんな花をつけています

 宿根草も次々咲いています
ハナシノブやゲラニュウムの青、オルレヤやマトリカリア、ヒューバーヒューの白 
あるものは下向きに、あるものは花弁を閉じて 雨をよけて咲いています
あちこちには 八王子で養生したバラがこの寒さの中でも花開いています
花うつぎ、手毬かん木、大手毬、小手毬そしてピンクや白や薄緑のヤマボウシも
たくさんの山紫陽花、西洋紫陽花も色が見え始めました

 雨と霧にかすむ中に咲くさまは 一幅の花風画になっています
傘を差しながら 人少なの静かな庭をめぐる方々が次々お出でになって
もうオープンガーデンは始まっているようです
25日までに早咲きのバラが咲きだしてもらいたい あくまで人の都合ですが


オリエンタルポピーとシャクヤク
e0017562_21283396.jpg
斑入りハコネウツギとクレマチス
e0017562_21441386.jpg


クレマチスモンタナとジギタリス
e0017562_21453789.jpg
モンタナとギボウシ
e0017562_214642100.jpg


アリュームとペインテッドセイジ
   とギリア(手前の紫)
e0017562_2148171.jpg
アリュームとレースフラワー
e0017562_21493746.jpg


アルケミラモリスとヒューケラ
e0017562_21511163.jpg
ローズ色の花の銅葉のクローバー
e0017562_21521932.jpg
[PR]
by mfthirano | 2011-06-19 07:52 | カラーハーモニー | Trackback | Comments(7)

花の香りに誘われて

6月6日 鶯の鳴き声と花の香りに誘われる早朝の庭です

 今年は3mもある深山更紗どうだんに、どの木にもピンクの花がいっぱいつきました
下から見ると「満点星の花」です
 今が盛りの黒竜の藤棚の下では甘い香りが漂います
 緑一色の木の海の中で銅葉のスモークツリーと野村つつじが目を引きます
 昨年は咲いてくれなかった山ぼうしも今年は蕾を枝いっぱいにつけています

 前の林の中から親子の鶯はケキョケキョと合唱しています
 ホトトギスも東京特許許可局と、鳴いています
 カッコウも遠くで鳴き続けています
 鳥たちの鳴き声は遅霜の心配がなくなった事を教えてくれます
 鳥たちの鳴き声を聞きながら庭の手入れをしている時間は良い時間です

 八王子で冬を越したバラ達が咲き始めています
 しかし梅雨寒のせいでうどんこ病も出始めあわてています
 今日はチューリップを堀上げ、ヒヤシンスの葉を切り取りました
 
 何度見ても何かがみつかる庭 日一日、週ごとに変化する庭
 うきうきする季節になり庭の手入れも楽しみです


クレマチスモンタナ
e0017562_4202334.jpg
アカンサスと黒法師
e0017562_422318.jpg


黒花フウロ
e0017562_4231882.jpg
チャイブ
e0017562_4242798.jpg


サラサドウダン
e0017562_426897.jpg
ウラジロヨウラク
e0017562_4283086.jpg


ギボウシサガエとニューサイラン
e0017562_4301040.jpg

[PR]
by mfthirano | 2011-06-07 09:05 | カラーハーモニー | Trackback | Comments(5)


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧