花のある暮らし



<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


毎日涼しい中で四季咲きのバラが元気

’16 7月26日(火) 雨 朝17度~昼20℃

 土用の今の一週間真夏のはずですが
山中湖では日々朝16度~昼23℃の予報です
梅雨明けのないまま立秋になってしまうのでしょうか
今年は初めてのことですが 毎日朝夕には暖房です

 ただいま毎日庭の手入れ中です
フウロやレディースマントルなどは来年の芽が出てくると上を切り取って芽を育て
ジギタリスやオルラヤなどは完熟した種を切り取ったり落としたりして刈り取りです
その間にこれまで緑のままだった草むらに花が付きだします
アジサイ 百合 ベルガモット フロックス トラノオ ノラニンジン・・・
そして秋を感じさせるマツムシソウやキキョウ オミナエシなどまで

 7月の手入れ作業に入る前のうちに「ガーデンダイアリー3号」を片手に
北海道の庭と園芸ショップを巡る旅に行ってきました
厳しい自然と立ち向かいながら大切に一つ一つ育てている皆さんに共感です

うちの庭を振り返ってみて 強い草や弱いバラを減らして
自然の風合いを取り戻そう ゆったりと隙間のある庭にしようと感じました

 6月のバラが早く咲いて 二番目の蕾が立ち上がってきました
このぶんでは8月11日の"山の日"ごろには夏の花とバラとのコラボが
ちょうど見ごろになりそうです


築山のアジサイ
e0017562_0462977.jpg



秋色のアジサイ
e0017562_0471129.jpg
おたふくアジサイ
e0017562_048055.jpg


アジサイ
e0017562_0484134.jpg
e0017562_0491452.jpg


アジサイ
e0017562_050129.jpg
カライトソウ
e0017562_0511036.jpg


ノラニンジンとアジサイ手まり手まり
e0017562_0515636.jpg



ノラニンジンとピラミッドアジサイ
e0017562_0532123.jpg



黒花ノラニンジン
e0017562_054048.jpg
八重のホリホック(タチアオイ)
e0017562_0543774.jpg


赤ユリ
e0017562_0552417.jpg
e0017562_0555889.jpg


山百合とソバナ
e0017562_0565361.jpg



百合三種
e0017562_057415.jpg



ヤマトラノオ
e0017562_0584298.jpg



 パリス
e0017562_0592840.jpg
シエラザード
e0017562_1029100.jpg
あおい


e0017562_111167.jpg
ダフネ
e0017562_121177.jpg


四季咲きゲラニューム ロザンネイとフロックス
e0017562_1132358.jpg



白花クガイソウ ベロニカストラムシビリカム
e0017562_114463.jpg
クガイソウ
e0017562_1145556.jpg


ミソハギとノリウツギ
e0017562_1152928.jpg



ペルシカリアファイアーテール
e0017562_116531.jpg



アガパンサス
e0017562_1165859.jpg



ブルーバーベイン
e0017562_1175512.jpg



桔梗
e0017562_1183256.jpg
桔梗とシュウカイドウ
e0017562_1191580.jpg


ストケシア
e0017562_120422.jpg



クロコスミア
e0017562_1203675.jpg



ベルガモット白
e0017562_121937.jpg




ベルガモット三色
e0017562_0412639.jpg

[PR]
by mfthirano | 2016-07-26 19:19 | 夏の庭

つるバラの咲く風景

7月12日 春の庭の終わりにはつるバラが風景をつくります

 四季咲きのバラは咲き終わり 剪定に入ります
オルレアやゲラニウム ジギタリスやシレネキャンピオンなど
春の庭を彩ってきた草花は実が熟し来年の芽が出るまで庭にあります
マトリカリアやそばな ヤロウ 真っ赤なベルガモットなど咲き出し
フロックス花魁草や次のレースフラワー ノラニンジンが背を伸ばしています
庭が春から夏に一気に変化する最中です

 花ガラや茎などオープンG中溜まったものを腐葉土つくりの天地返しを兼ねて
秋のために埋め込みます これが終わると庭作業も一段落

そんな庭の風景をつくるのが遅咲きのバラたちです
ブラッシュランブラーやニュードーン Qランブラー ドロシーパーキンス
キングやエクセルサ アルベリックバルビエなど
庭のあちこち高低差のあるところに咲き続けその中に繰り返し咲きのバラがいます
この庭もまた見応えのある風景です

オープンGが終わって10日たちました
今年も千百名を越す方たちに楽しんでいただきました
“友人を連れて”“勧められて”という方々が特に多かったです
新潟からこの庭だけの為に日帰りバスでお越しいただきました
どなたも笑顔でお礼を言ってお帰りいただきました
来年も・・・と励みになります 本当に有難うございました

ことしもボランティアの方々に助けられてオープンGを無事に終わって
ユニセフに30万円寄付できるのが何よりの成果です


手前のバラ アランティッチマーシュ 屋根の上はQランブラー 右のテラスにはブラッシュランブラー
e0017562_03675.jpg



Qランブラー
e0017562_0371080.jpg



ブラッシュランブラーとアンダーザローズ
e0017562_0383237.jpg



バラ ドロシーパーキンス
e0017562_0443754.jpg



門のホワイトドロシーパーキンス
e0017562_045309.jpg



山アジサイ
e0017562_0463143.jpg



アジサイ 富士の滝
e0017562_0475979.jpg
アカンサスモーリスと富士の滝
e0017562_0483939.jpg


ヤマトラノオ
e0017562_0491340.jpg
クラリーセージ
e0017562_0504142.jpg


アナベルアジサイ
e0017562_0513099.jpg



十六夜バラ
e0017562_052726.jpg
バラ トスカニースパーブ
e0017562_0525665.jpg


e0017562_0544655.jpg
e0017562_0552810.jpg


にゅーさいらんとミニバラのぞみ
e0017562_0561641.jpg



クガイソウ
e0017562_059529.jpg
リグラリア
e0017562_103427.jpg


クレマチス エミリアプラター
e0017562_11198.jpg
e0017562_121389.jpg


ばら メイクイーンとクレマチスアルバラグジュリアンス
e0017562_13137.jpg



バラ オマージュ アバルバラ
e0017562_135878.jpg
バラ ボニカ82
e0017562_145627.jpg


ベルガモット
e0017562_155648.jpg
メドースイート
e0017562_16348.jpg


白花松本センノウ
e0017562_171536.jpg
ピンクとオレンジの松本センノウ
e0017562_181689.jpg


咲き続けるゲラニューム ジョンソンズブルー
e0017562_191443.jpg



リーガルリリー
e0017562_1102070.jpg
頭上のスモークツリー
e0017562_1112364.jpg


バラ ボルチモアベル  とヤマボウシ
e0017562_2102753.jpg



バラ アルバメディーランド
e0017562_1145642.jpg



バラ 紫玉
e0017562_1182010.jpg
バラ バレリーナ
e0017562_119466.jpg


バラ ニュードーン
e0017562_2033100.jpg



バラ フェリシテ パルマンティエとクレマチスリトルネル
e0017562_211822.jpg



左はバラ 夢乙女 バラ フランシスEレスターとローズマリーヴィオー手前はローズマリー
e0017562_1534848.jpg



e0017562_1223375.jpg



e0017562_1232699.jpg

[PR]
by mfthirano | 2016-07-13 02:12 | 夏の庭

写真は構図と光の方向を見るのが基本です

7月2日 晴れた26日の日曜日 今井先生を迎えて写真講習会が開かれました

 この日を期していたように来庭の方々が切れ間なく 庭いっぱいです
その中に講習会参加の皆さんが新潟や愛知からも含めてお集まり頂き
早速先生から三箇所の撮影ポイントとそれぞれの基本の構成の指示です

 最初は七連のアーチの中ごろから南向きに庭の中心のアーチに向かって
シンメトリーに切り取ります F22焦点5m ファインダーを一人ひとり覗いて
撮影の高さや幅 光の方向を確認します
次は七連のアーチから大木に咲くバラ ラベンダーラッシーを中心に
芝道を真ん中に左にボーダーガーデン右にはネグンドカエデと建物を配しています
三ヶ所目はレンガ花壇から宿根草とバラをハウスと建物を入れてバランスよく撮る
ということで 後で各自同じ構成で同じカメラ設定で撮り
先生に一点ずつ点検していただくので 皆真剣に覗きます

 そして各自一点持ち寄りの楽しい嬉しいパーティーです
この日のための手作りの料理を取り分けて頂き
運転の方には申し訳ありませんが 新酒の灑(さい) 貴腐ワイン シャンパンに酔い
バラ談義のひと時 時間もあっという間にたちます

 緊張のテスト 撮影と作品の点検です
皆さんそれぞれ撮った画をテレビ画面に映し出し 先生の点検です
画像の構成 焦点 光の捉え方 美しい画になっているか

 普段デジカメのオートモードで記録撮影のようにシャッターを押していて
欲張ってあれもこれも入れて平板になっている
光の微妙な当たり方も見ないで逆光でなければ、などという撮影
マニュアルモード F22や焦点距離を決めるなどしたことがないので
不安になってしまい ただ云われるままにシャッターを押します
コンパクトフラッシュのため点検はパス あっけない幕切れでした

 皆さんの画像への講評を伺いながら 光の繊細な捉え方
庭の作り手の意図を汲み取るなど撮影の奥深さを感じました
基本の講習では東西と南北で光と影の移動の違いや
バラをうつむき方向から撮る美しさなども教えられました
百のうちひとつでも身に付けば大きな成果です

 共に食べ共に学んだという一体感
この日のためにがんばって庭を作ってきたやり切ったという充実感
又来年も・・・などと欲が沸いてきます

企画していただいたあけさん ブノワ。さん 今井先生に感謝します
又遠路つたない庭にお越し頂いた皆様に御礼します
オープンGの受付など一切を切りもってくれたM様ご夫妻
毎日リコーダーの演奏で庭の雰囲気を和やかにしていただいたY様
フラワーアレンジ等日々励ましてくれたK様 近隣の皆様
お陰さまで有意義な時をもてました 有難うございました

 参加された皆さんのブログの一斉のアップロードです
是非ご覧いただきたいです
あけさん あけの秘密の花園
ブノワ。さん Under the Rose
        匂いのいい花束。
raretasteさんraretaste~はれのかおり
roseさん My Precious Roses
kusakiさん kusakiの「この植物お買い2」
Lucy GrayさんLucy Grayの花暦日記
恵子さん lovelyrose-note
愛ちゃん 旅の途中で
つぐみちゃん Tsugumi's Diary
りえんぞうさん りえんぞうのあれやこれや・・・
Mayさん ふたつの庭


第一課題
e0017562_15244184.jpg



第二課題
e0017562_15265276.jpg



第三課題
e0017562_15293532.jpg



午後の日に透けるバラ ポールズヒマラヤンムスク
e0017562_1535134.jpg



アーチの向こうのポールズヒマラヤンムスク
e0017562_15454830.jpg



左のバラ メイヤーオブキャスターブリッジ(七連アーチの入り口です)
e0017562_1693226.jpg



右はバラ バレリーナが盛り 手前はバラ メイ
e0017562_15532463.jpg



e0017562_15544092.jpg
e0017562_1555598.jpg


テラスのフリーシアと右は山ボウシの花 手前はバラ ジョンクレア
e0017562_1625888.jpg

[PR]
by mfthirano | 2016-07-04 00:19


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧