花のある暮らし



2018年 06月 11日 ( 1 )


眼に残る彩りの庭

'18 6.11 今年のオープンガーデンも大雨の試練を受ける事になります

8・9日に来庭された方は富士が迎えてくれました。 
草々と花たちの中に咲き始めたバラ
お互いに主張しすぎることなく白青 白ピンク赤にと調和しています。
鳥の声と笛の音色の中で 時がゆったりと過ぎて行きます。
「まるで王宮の楽園にいるようだ」とつぶやかれた方も居ります。
10・11日の雨風でこの情景はリセットです。新たな庭の風情を作ります。

倒れた花茎を起こし支えを付け、
折れたものは切って、新芽で次の花園を目指します。
足場の石を頼りに中腰でする作業で、草に元気になれとささやき掛けます。
根元の落ち葉を見て健康状態を知り、黒点対策などします。
やはり風雨の前の自然のままの風合いとは違います。
踏み込んだ足跡や紐や支柱など見えてしまいます。
梅雨時は毎週こんな事の繰り返しです。
何事もなかったように咲き誇ってくれればほっとします。
早咲きのバラはこれから本番、無数のバラの花に囲まれます。
そして背の高いツルバラたちの出番はそのあとです。
宿根草の花たちはいよいよ最盛期です。
ピンクや白の山ボウシ 銅葉のスモークツリーや黄金葉のカエデ 垂れ下がるクレマチスの下で、渾然一体となった花たちの彩りをオープンガーデンで楽しんでいただきたいです。
7月1日(日)までの金・土・日 AM10:30~PM4:00 です

円形のステップからパーゴラをのぞむ
   手前左はメギ 上部には銅葉のスモークツリー
e0017562_16572633.jpg

ジギタリスとサルビアスクラレア
e0017562_16575556.jpg

ゲラニュームロザンネェイ
e0017562_16582692.jpg

サマーハウスに向かって 手前は黒花ナデシコ
e0017562_16585674.jpg

バラ カフェとカンパニュラ
e0017562_17193110.jpg

バラ ボレロ
e0017562_17211530.jpgバラ イエローボーダー
e0017562_17214690.jpgバラ ルイリール
e0017562_17221638.jpgバラ カーディナルドリシュリュー
e0017562_17225693.jpgバラ メアリーマグダリン
e0017562_17201181.jpgバラ ロサモエシーゼラニュームとシティオブヨーク
e0017562_17204694.jpgバラ カーディナルヒューム
e0017562_17232600.jpg

サマーハウス前
e0017562_17235696.jpg

庭の真ん中のバラ テスオブザダーバーベルズ
e0017562_17242632.jpg


[PR]
by mfthirano | 2018-06-11 01:20 | オープンガーデン | Comments(0)


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧