花のある暮らし



カテゴリ:オープンガーデン( 64 )


バラの庭第二幕

'18 6.29 いつもはオープンガーデンが終わってから咲く遅咲きのバラたちも咲きだしました

 総花咲き といえるような花の様子になってきました
入り口からのシェードガーデンでは山あじさいやセンノウやショウマが迎えてくれます
大アーチをくぐる丸ステップに入るとぐるりと花の庭にとび込みます
本来咲くべきバラたちが目覚めてタワーやベランダの遅咲きのバラと共に風景をつくっています
いくつかの緩やかなくだり道を通ってパーゴラから見上げると白ピンク赤の花たちに包まれます
七連のアーチもバラとクレマチスのトンネルの様です
奥の庭は又違った感じの庭で イエローボーダーガーデンを通って
富士見のベンチ オールドローズコーナーへと続いてバラと宿根草の競演です

 サマーハウスでゆっくるしながら 花咲く庭の先の富士が見えれば何よりです
さらにベランダに上がってそこから庭を見渡すと
満開の山ボウシや銅葉スモークツリー ネグンドカエデや姫シャラ 白樺などの木々に囲まれた
富士にいだかれたバラと宿根草の庭を一望できます

 強風と時々の雨が3日も続きましたが やっと収まり雨もないようです
7月1日までのオープンガーデン ゆっくり鑑賞していただきたいです
e0017562_03235655.jpg
e0017562_03242883.jpg
e0017562_03250168.jpg
e0017562_03253164.jpg
e0017562_03260163.jpg

[PR]
by mfthirano | 2018-06-29 03:33 | オープンガーデン | Comments(0)

富士とバラの庭

'18 6.25 毎年お出での方のフォーカルポイントは富士です

 朝10時まで雨の日曜日 その後晴れて富士が見えたり隠れたり
サマーハウスや富士見のベンチやベランダから富士の残り少ない雪渓が見られれば
今年やっと見られたと満足の声が聞こえます
急遽白樺の枝を落として見えるようにしたりします
銅葉スモークツリーの咲くもやもやの花を見てもらうためも白樺の枝を落とします
バラと宿根草に富士も入れて写真を撮りたい
これがなかなかうまくいきません 明るさが違い人の目のようには撮れないです

 常連の方が又人を誘ってお出でくださる 来るたびに何かを発見するといいます
色あわせや葉あわせに悩んだりしていますがそれでも つかみどころのない何かにほっとする
草花とバラを同じ目線でとらえると別の何かに見える 楽しいです

 ドロシーパーキンスも花が見えてどのバラもやっと咲きだしてきました
咲き続けたオルレアやフウロは終わりに近づき マトリカリアが咲き誇っています
ショウマや山あじさいに季節の変化を感じます
7月1日(日)までのオープンガーデン お待ちしています

奥の庭 右はイエローボーダーガーデン
e0017562_00174870.jpg

七連アーチ 左はバラ ナローウォーター 右はゴールドフィンチ
e0017562_00215565.jpg

e0017562_00221629.jpg

ヤマブキショウマ
e0017562_00291073.jpg
アワモリショウマ
e0017562_00291670.jpg
スモークツリーとバラ ポールズヒマラヤンムスク
e0017562_00591576.jpg

バラ アランティッチマーシュ
e0017562_00595047.jpg
バラ カーディナルフューム
e0017562_01002222.jpg
後ろのクレマチスはハーグレイハイブリッド
e0017562_01005311.jpg

バラ クロッカスローズ
e0017562_01012285.jpg
バラ ロサオリエンテスシリーズの
    ルッシェルブルー
e0017562_01015249.jpg
バラ Delピエドゥー
e0017562_01022316.jpg
バラ スピリトオブフリーダム
e0017562_01025577.jpg
ノコギリソウとバラ バレリーナ
e0017562_13503687.jpg


[PR]
by mfthirano | 2018-06-26 01:11 | オープンガーデン | Comments(2)

梅雨寒のなかバラのピークになってきした

18' 6.20 梅雨本番に入り朝は10度にならない気候でバラはゆっくり咲き続けています

 庭の大木12~3本を低くしたり根元から切ったり
もうこれが後始末できる最後の齢と 昨秋から手を加えてきました
最後の丸太の山を切って割って片付け終わったのはオープンGにはいってからです
その結果庭がずいぶん明るく開放的になって お出で頂いた方から
庭がずいぶん広くなった感じ といわれました
周囲の電柱や家を隠す役割の木々でしたが
宿根草やバラたちに十分陽があたり 庭の隅々まで手が入るようになってきました

 又中庭の真ん中を思いきって植えなおし バラの背を低くしたり移動したり
宿根草を減らしたりして 草花とバラがひとつの模様になるようにしました
まだ初年度ですが来年再来年ともっと充実してくると思います
春旅行を止めて庭の整備 終活の一環です

 いよいよ梅雨前線が列島を覆うようになり オープンGには厳しい時期になってきました
今年は咲き出しが早く 花が房になって咲き にぎやかになろうとしています
キューランブラーやランブリングレクターなどの遅咲きの大きなバラにも花が出てきました
雨に弱いバラたちにはビニールシートで雨除けしたりですがいよいよピークになってきました
今週末には晴れになる予報で 宿根草とバラの競演を見ていただきたいです

   
e0017562_16111533.jpg

ホワイトガーデン
e0017562_16321438.jpg

右のバラ ギスレーヌドフェリゴンドが盛りです
e0017562_16365581.jpg

アストランティア
e0017562_17215325.jpge0017562_17222431.jpgジギタリスとクラリーセイジ
e0017562_17233309.jpg

トモエさんの花タバコとヒロシさんの黒花ヤグルマソウ
e0017562_17244473.jpg

レンガ花壇のタワーと左は七連アーチの入り口
e0017562_17254863.jpg

エリンジューム
e0017562_17261897.jpg

庭の守護人とバラ イオリとアオイ
e0017562_17264985.jpg

センダイハギとバラ キング
e0017562_17571840.jpg

シレネグリーンベルとバラ イレーヌワッツ
e0017562_17575258.jpg

アンダーザローズシリーズのバラ  マルキーズドメルトゥーユ
e0017562_17582282.jpg
バラ サクラガスミ(ピンクサマースノー)
e0017562_17585341.jpg
バラ サクラガスミとアロハ
e0017562_17592389.jpg

富士見ベンチの道
e0017562_17595313.jpg

イエローボーダーのバラたち
e0017562_18051128.jpg
e0017562_18054111.jpg
e0017562_18061123.jpg
e0017562_18064053.jpg

e0017562_18071115.jpg
e0017562_18074172.jpg
アーチのバラ フローレンスデルアトルとクレマチス
e0017562_18154636.jpg

バラ ウィリアムロブ
e0017562_18161975.jpg
デルバールのバラ アレゴリー
e0017562_18164891.jpg
バラ バリエガータデポローニャとジャックカルチェ
e0017562_18171959.jpg


[PR]
by mfthirano | 2018-06-20 18:31 | オープンガーデン | Comments(2)

眼に残る彩りの庭

'18 6.11 今年のオープンガーデンも大雨の試練を受ける事になります

8・9日に来庭された方は富士が迎えてくれました。 
草々と花たちの中に咲き始めたバラ
お互いに主張しすぎることなく白青 白ピンク赤にと調和しています。
鳥の声と笛の音色の中で 時がゆったりと過ぎて行きます。
「まるで王宮の楽園にいるようだ」とつぶやかれた方も居ります。
10・11日の雨風でこの情景はリセットです。新たな庭の風情を作ります。

倒れた花茎を起こし支えを付け、
折れたものは切って、新芽で次の花園を目指します。
足場の石を頼りに中腰でする作業で、草に元気になれとささやき掛けます。
根元の落ち葉を見て健康状態を知り、黒点対策などします。
やはり風雨の前の自然のままの風合いとは違います。
踏み込んだ足跡や紐や支柱など見えてしまいます。
梅雨時は毎週こんな事の繰り返しです。
何事もなかったように咲き誇ってくれればほっとします。
早咲きのバラはこれから本番、無数のバラの花に囲まれます。
そして背の高いツルバラたちの出番はそのあとです。
宿根草の花たちはいよいよ最盛期です。
ピンクや白の山ボウシ 銅葉のスモークツリーや黄金葉のカエデ 垂れ下がるクレマチスの下で、渾然一体となった花たちの彩りをオープンガーデンで楽しんでいただきたいです。
7月1日(日)までの金・土・日 AM10:30~PM4:00 です

円形のステップからパーゴラをのぞむ
   手前左はメギ 上部には銅葉のスモークツリー
e0017562_16572633.jpg

ジギタリスとサルビアスクラレア
e0017562_16575556.jpg

ゲラニュームロザンネェイ
e0017562_16582692.jpg

サマーハウスに向かって 手前は黒花ナデシコ
e0017562_16585674.jpg

バラ カフェとカンパニュラ
e0017562_17193110.jpg

バラ ボレロ
e0017562_17211530.jpgバラ イエローボーダー
e0017562_17214690.jpgバラ ルイリール
e0017562_17221638.jpgバラ カーディナルドリシュリュー
e0017562_17225693.jpgバラ メアリーマグダリン
e0017562_17201181.jpgバラ ロサモエシーゼラニュームとシティオブヨーク
e0017562_17204694.jpgバラ カーディナルヒューム
e0017562_17232600.jpg

サマーハウス前
e0017562_17235696.jpg

庭の真ん中のバラ テスオブザダーバーベルズ
e0017562_17242632.jpg


[PR]
by mfthirano | 2018-06-11 01:20 | オープンガーデン | Comments(0)

老鴬と満開のバラの庭

e0017562_21444422.jpg

'17.6.29 朝13℃昼22℃ 曇りの予報 今日も肌寒いです

 雨雲が次々流れて合間に富士の残雪の頂が見えます
庭の大木を鶯が飛び交い すんだ高い鳴き声が庭中に響き渡ります
満開のバラ ポールズヒマラヤンムスク 今年は遅い咲きだしでした
四季咲きのバラ オールドローズ 庭のバラたちはよく咲いています

 宿根草の小径を抜けると白ピンク赤のバラたちがぱっと広がります
青花のフウロソウ 白花のオルレア 黄花のアルケミラモーリス・・・
このコントラストに皆さん声を上げられます
今はまさにバラ園です 香りに誘われてくねくねの径に迷い込みます
雨で少し痛んだバラの花びら 雨除けをうけて元気な花たち
冷涼な高原ではわりあい長持ちします

 銅葉のスモークツリーの花 ネグンドカエデの黄緑の葉
ピンクやびっしりと咲く白花の山ボウシ 風に揺れるモンタナ・・・
木々の緑に囲まれた花たちをテラスから眺めていると
時として富士の頂やなだらかに広がる裾野にいだかれて
ボーっと月日の流れも忘れてしまうようです
平安な心 道を求める者の心境です

 連日のYさんの笛の音とウグイスの啼き比べも楽しみです

オープンガーデンは7月2日までです
          多少の雨でもオープンします 

<追記> 是非ご覧いただきたいブログを紹介させて頂きます
    <わたくし共の感じていること つくっていることをすっかり
    現わしてくれてこの上ない喜びを感じていますので>
「匂いのいい花束。」<我 一粒の砂なり・・・>

今日の庭
  右のバラはギスレーヌドゥフェリゴンド 真ん中はフェリシテパルマンティエ 左はペネロープ 手前はアイスバーグ
e0017562_18402799.jpg

  バラ レオナルドダビンチとテスオブダーバーベルズ 後ろは満開になったポールズヒマラヤンムスク
e0017562_18464445.jpg

アランティッチマーシュが咲き出しました
e0017562_19014131.jpg

テラスのロサムルチフローラ オレンジのバラはウエスターランド
e0017562_19022816.jpg

バラ スピリットオブフリーダム
e0017562_19132142.jpg
バラ メーデンスブラッシュアルバ
e0017562_19141897.jpg
ポールズヒマラヤンムスク
e0017562_19254060.jpg
デルバールのばら フランソワーズデルアトル
e0017562_19272769.jpg
アストランティア
e0017562_19431578.jpg

白花京カノコ
e0017562_19440777.jpg

赤花アナベルアジサイとポピーレディーバード
e0017562_21245628.jpg

ゲラニュームとバラ アイスバーグ
e0017562_21363987.jpg

バラ カーディナルヒュームとアランティッチマーシュ
e0017562_21374036.jpg

バラ レミチャン
e0017562_21421002.jpg

クロッカスローズ
e0017562_21433943.jpg

バラ カーディナルヒューム
e0017562_21444422.jpg

バラ ブリリアントピンクアイスバーグ
e0017562_21484239.jpg

バラ ボレロとゲラニューム ジョンソンズブルー
e0017562_22071943.jpg

バラ パーマネントウェーブとクレマチス ハーグレーハイブリット
e0017562_21560466.jpg

バラ ポールズヒマラヤンムスク
e0017562_21572950.jpg


[PR]
by mfthirano | 2017-06-29 06:27 | オープンガーデン | Comments(0)

雨と風にへこたれない庭への思い

'17.6.22 今日一日 バラの庭への切り替えです

 毎年1~2回はやってくる大雨と強風 今年もきました
甘い庭作業は必ずチェックされます
何とかなると見過ごしたところは必ず何ともならない
結果として折れたり曲がったりと 天の点検が行われます

 この風雨は頭と庭を切り替えるチャンスでもあります
バラたちは目を覚ましたように一斉に開花し始めました
折れ倒れた草は切花に 雨の掛かったバラの花は水に浮かせます
庭中宿根草とバラの競演です

 前には大変だと思ったり他人もそういいますが
早朝から暗くなるまで花に囲まれた庭作業は至福のときです
オープンガーデンも佳境に入りました

23日朝の庭
e0017562_06562812.jpg

e0017562_06594693.jpg

e0017562_07004870.jpg

e0017562_07015494.jpg

e0017562_07025876.jpg

e0017562_07033277.jpg

e0017562_07040880.jpg


[PR]
by mfthirano | 2017-06-22 21:50 | オープンガーデン | Comments(1)

バラの一番花が咲き出しました

'17.6.15 朝8℃昼22℃ ゆっくりとバラは蕾を膨らませています

 まだ数えるほどですがオールドローズや早咲きのバラたちが咲きだしました
アルケミラモーリスの黄色の花とラミュームのピンクの花
庭のあちこちにむれなす白花のオルレアやスィートロケット
空色や濃い青などのデルフィニューム 咲き出したアストランティア
そして大輪咲きのクレマチスやゲラニュームも咲き出して
宿根草の花たちの全開です

 今年は皆様の手助けで庭の植え込み植え替えに時間と手をかけて
"充実した庭になった”と言葉を頂いています
まだこれからのバラですが オープンガーデンお待ちしています

ハウス前のホワイトコーナー
e0017562_00561932.jpg

ポピーレディーバードと銅葉ウツギ
e0017562_01022393.jpgワイルドチャーピル
e0017562_01051284.jpg]笠葉ルピナスとエゴボジュームの花
e0017562_01075316.jpgアプリコット色のジギタリス
e0017562_01093129.jpgトラノオとフタマタイチゲ
e0017562_01103391.jpgゴールデンシモツケとイチゲ
e0017562_01112774.jpgピンクコーナー
e0017562_01131758.jpg

日の光で水滴がきらきらするアルケミラモーリス
e0017562_01170101.jpge0017562_01150731.jpgヤマブキショウマ
e0017562_01191865.jpgギリア
e0017562_01205432.jpgアストランティアとエンジェルポピー
e0017562_01232493.jpgワイルドチャーピル
e0017562_01252162.jpgクレマチス
e0017562_01265401.jpge0017562_01284499.jpge0017562_01302454.jpge0017562_01323089.jpg斑入りコデマリ
e0017562_01340217.jpg花笠ウツギ
e0017562_01345729.jpgミツデイワガサ
e0017562_01363628.jpg
]奥多摩コアジサイ
e0017562_01392781.jpg
咲き出したバラたち
グレーテンドルスト
e0017562_01423583.jpg
ピンクグレーテンドルスト
e0017562_01463061.jpg
ロサモエシーゼラニューム
e0017562_01483666.jpg
モスローズ
e0017562_01494903.jpg
ペネロープ
e0017562_01531738.jpg
ロサムルチフローラ
e0017562_01590214.jpg
メアリーマグダリン
e0017562_02001852.jpg
ニゲラとメアリーマグダリン
e0017562_02014317.jpg
ゲルベダグマーハストラップ
e0017562_02024445.jpg
山椒バラ
e0017562_02045521.jpg
ロサマレッティー
e0017562_02062494.jpg

e0017562_02073682.jpg


[PR]
by mfthirano | 2017-06-15 21:42 | オープンガーデン | Comments(0)

バラの開花は遅れています

'17.6.7(水) 朝晩床暖房と薪ストーブの寒い日が続きます

 5月は暖かい日が続きましたが6月にはいって昼も20度に届きません
バラたちの開花に急ブレーキがかかって6月下旬になってやっと満開
という十数年前のような状況になっています
木の花も宿根草も皆2週間ほども遅れて咲いています

 オオカメノキやナナカマド 大手マリや小手マリ ドウダンなど
5月の木花がまだまだ満開で 和風の庭になっています
新芽が白花のようになる白露錦はまだピンク色です
オルレアや オダマキ 花シノブ 九輪草 アルケミラモーリスなどの庭です

 6月9日からオープンガーデンですが バラを見たい方は
6月下旬までお待ちいただいたほうがよろしいと思います

バラ フジアカネ
e0017562_09532355.jpg

バラ ミクルゴサ
e0017562_09535286.jpg

バラ ルイリール
e0017562_09542371.jpg

サクライバラ
e0017562_09545370.jpg

ワイルドチャーピル
e0017562_09594033.jpg

クレマチス
e0017562_10001002.jpg

ウツギとポピー
e0017562_10005454.jpg

エゴボジュームのレースフラワー
e0017562_10020437.jpg

カサバルピナス
e0017562_10023445.jpg

オオカメノキ
e0017562_10031693.jpg

白露錦やなぎ
e0017562_10034609.jpg

満開のコデマリと大手マリ(後ろ銅葉スモモとスモークツリー)
e0017562_10041887.jpg


[PR]
by mfthirano | 2017-06-07 10:33 | オープンガーデン | Comments(3)

7月1日から3日まで今年最後のオープンガーデンです

6月30日 長雨の中で咲いていたバラは傷んで手入れが追いつきません

 今日も霧雨が降り続き 宿根草も雨の重みで倒れたり首を垂れたりです
梅雨の真っ最中 こんな時期にバラを楽しもうというのはそもそも無理
といいつつ毎年オープンしています
 咲き出したバラや蕾を引き立てて 花ガラ摘みや落ちた花ビラの掃除とてんてこ舞いです
今年は花数が特に多く平地並みに咲いてくれているので大変です
やっと咲き誇るようになったバラを眺めながらの手入れは嬉しい悲鳴です

 花ガラを取り切り戻すと次の花が咲き しゃんとして陽の光の中で輝きだします
見劣りしない花に遅咲きのバラが加わってこれまでと又違う景色になります

 夏白菊とも言われるヒューバーヒュー(マトリカリア)も大株で咲き出し
紫陽花や赤のベルガモットとバラとのコンビです
夏前のこの時期の庭もご覧いただきたいです


e0017562_3364668.jpg

e0017562_3372194.jpg

e0017562_3375285.jpg

e0017562_3382292.jpg

e0017562_3385623.jpg

e0017562_3392460.jpg

e0017562_340772.jpg



e0017562_3405962.jpg
e0017562_3415674.jpg


e0017562_3422154.jpg
e0017562_343273.jpg


e0017562_3434234.jpg



e0017562_418357.jpg
e0017562_4191014.jpg


e0017562_4203083.jpg
e0017562_421341.jpg


e0017562_4215750.jpg
e0017562_4222627.jpg


e0017562_423837.jpg
e0017562_4234786.jpg


e0017562_4244478.jpg

e0017562_4251540.jpg

e0017562_4255611.jpg

e0017562_42725.jpg

e0017562_4274376.jpg



e0017562_4442685.jpg

e0017562_4445363.jpg



e0017562_446130.jpg
e0017562_4462987.jpg


e0017562_447945.jpg

e0017562_4474698.jpg

e0017562_4482457.jpg

e0017562_449737.jpg

e0017562_4494231.jpg

e0017562_4501342.jpg

e0017562_451720.jpg

e0017562_451383.jpg



e0017562_4564879.jpg

e0017562_4571648.jpg

e0017562_4574492.jpg
e0017562_4581889.jpg

e0017562_4585299.jpg

e0017562_4594229.jpg

e0017562_501775.jpg



e0017562_511437.jpg
e0017562_515675.jpg


e0017562_525721.jpg
e0017562_5329100.jpg


e0017562_542548.jpg

e0017562_55347.jpg

e0017562_554248.jpg






[PR]
by mfthirano | 2016-06-30 11:20 | オープンガーデン | Comments(2)

夢まぼろしの庭

6月25日 今朝の嵐のような低気圧の雨風に夢の庭は幻のようです

 梅雨の中でのオープンガーデンは毎年雨と風の試練続きです
今年も雨続きの合間を縫ってオープンしてきました
幸い風の影響が少なく草花は自立してバラと競って咲き
蕾の多いバラたちは雨にもめげず次々咲き続けてきました
今は散る花との競争で、二人では手に負えなくなりました

 散る桜に美を見出す日本人の風流ではないですが
満開の赤白ピンクのバラと草花に囲まれ頭上から散るバラの花びらの中にたたずむと
香りと色の夢幻の世界に入ったような不思議な感じになります
言葉が出ない、とじっと佇む人
おいでになった多くの方から、見たことがない 夢の中のよう
と感想を述べてくれます 汚れたところに目をつぶって
  一時の夢あるいは幻想の様です
桜の花と同じにあの華やかさは一瞬のものでした
心の中に残っている残影として みてくれた方々に引き継がれています
今日も明日ももう同じ景色はありません 

 何とか修復作業で 咲き続け咲き出す花たちをいつくしんでいきたい
花たちに頑張れと水を切り倒れた花は起こしてあげたいと思います
そんな庭にも私達は愛着があります


霧雨の中の満開のバラ ポールズヒマラヤンムスク
e0017562_13194885.jpg

[PR]
by mfthirano | 2016-06-25 05:56 | オープンガーデン | Comments(2)


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧