花のある暮らし



<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


梅雨寒のなかバラのピークになってきした

18' 6.20 梅雨本番に入り朝は10度にならない気候でバラはゆっくり咲き続けています

 庭の大木12~3本を低くしたり根元から切ったり
もうこれが後始末できる最後の齢と 昨秋から手を加えてきました
最後の丸太の山を切って割って片付け終わったのはオープンGにはいってからです
その結果庭がずいぶん明るく開放的になって お出で頂いた方から
庭がずいぶん広くなった感じ といわれました
周囲の電柱や家を隠す役割の木々でしたが
宿根草やバラたちに十分陽があたり 庭の隅々まで手が入るようになってきました

 又中庭の真ん中を思いきって植えなおし バラの背を低くしたり移動したり
宿根草を減らしたりして 草花とバラがひとつの模様になるようにしました
まだ初年度ですが来年再来年ともっと充実してくると思います
春旅行を止めて庭の整備 終活の一環です

 いよいよ梅雨前線が列島を覆うようになり オープンGには厳しい時期になってきました
今年は咲き出しが早く 花が房になって咲き にぎやかになろうとしています
キューランブラーやランブリングレクターなどの遅咲きの大きなバラにも花が出てきました
雨に弱いバラたちにはビニールシートで雨除けしたりですがいよいよピークになってきました
今週末には晴れになる予報で 宿根草とバラの競演を見ていただきたいです

   
e0017562_16111533.jpg

ホワイトガーデン
e0017562_16321438.jpg

右のバラ ギスレーヌドフェリゴンドが盛りです
e0017562_16365581.jpg

アストランティア
e0017562_17215325.jpge0017562_17222431.jpgジギタリスとクラリーセイジ
e0017562_17233309.jpg

トモエさんの花タバコとヒロシさんの黒花ヤグルマソウ
e0017562_17244473.jpg

レンガ花壇のタワーと左は七連アーチの入り口
e0017562_17254863.jpg

エリンジューム
e0017562_17261897.jpg

庭の守護人とバラ イオリとアオイ
e0017562_17264985.jpg

センダイハギとバラ キング
e0017562_17571840.jpg

シレネグリーンベルとバラ イレーヌワッツ
e0017562_17575258.jpg

アンダーザローズシリーズのバラ  マルキーズドメルトゥーユ
e0017562_17582282.jpg
バラ サクラガスミ(ピンクサマースノー)
e0017562_17585341.jpg
バラ サクラガスミとアロハ
e0017562_17592389.jpg

富士見ベンチの道
e0017562_17595313.jpg

イエローボーダーのバラたち
e0017562_18051128.jpg
e0017562_18054111.jpg
e0017562_18061123.jpg
e0017562_18064053.jpg

e0017562_18071115.jpg
e0017562_18074172.jpg
アーチのバラ フローレンスデルアトルとクレマチス
e0017562_18154636.jpg

バラ ウィリアムロブ
e0017562_18161975.jpg
デルバールのバラ アレゴリー
e0017562_18164891.jpg
バラ バリエガータデポローニャとジャックカルチェ
e0017562_18171959.jpg


[PR]
by mfthirano | 2018-06-20 18:31 | オープンガーデン | Comments(0)

今日 オープンガーデンします

'18 6.15(金) バラが主役になってきました

今日は朝から弱い雨の予報ですが 雨にうつむくバラや宿根草の
日の当たる中とは違うこの姿を見ていただきたいです
   
     今朝の庭
e0017562_06161609.jpg
e0017562_06162230.jpg
e0017562_06162725.jpg
e0017562_06163666.jpg
e0017562_06164015.jpg
e0017562_06164527.jpg
e0017562_06164937.jpg
e0017562_06165484.jpg
e0017562_06165933.jpg
e0017562_06170616.jpg
e0017562_06223468.jpg
e0017562_06224116.jpg
e0017562_06224718.jpg
e0017562_06224116.jpg
e0017562_06225241.jpg
e0017562_06230245.jpg
e0017562_06225717.jpg
e0017562_06230769.jpg
e0017562_06231332.jpg
e0017562_06231848.jpg
e0017562_06232316.jpg
e0017562_06232779.jpg
e0017562_06233202.jpg
e0017562_06233698.jpg
e0017562_06234158.jpg
e0017562_06234656.jpg
e0017562_06235222.jpg
e0017562_06235628.jpg
e0017562_06235982.jpg
e0017562_06240393.jpg
e0017562_06240979.jpg
e0017562_06241400.jpg
e0017562_06241857.jpg
e0017562_06242356.jpg
e0017562_06241857.jpg
e0017562_06242710.jpg
e0017562_06243150.jpg

[PR]
by mfthirano | 2018-06-15 06:20 | Comments(0)

眼に残る彩りの庭

'18 6.11 今年のオープンガーデンも大雨の試練を受ける事になります

8・9日に来庭された方は富士が迎えてくれました。 
草々と花たちの中に咲き始めたバラ
お互いに主張しすぎることなく白青 白ピンク赤にと調和しています。
鳥の声と笛の音色の中で 時がゆったりと過ぎて行きます。
「まるで王宮の楽園にいるようだ」とつぶやかれた方も居ります。
10・11日の雨風でこの情景はリセットです。新たな庭の風情を作ります。

倒れた花茎を起こし支えを付け、
折れたものは切って、新芽で次の花園を目指します。
足場の石を頼りに中腰でする作業で、草に元気になれとささやき掛けます。
根元の落ち葉を見て健康状態を知り、黒点対策などします。
やはり風雨の前の自然のままの風合いとは違います。
踏み込んだ足跡や紐や支柱など見えてしまいます。
梅雨時は毎週こんな事の繰り返しです。
何事もなかったように咲き誇ってくれればほっとします。
早咲きのバラはこれから本番、無数のバラの花に囲まれます。
そして背の高いツルバラたちの出番はそのあとです。
宿根草の花たちはいよいよ最盛期です。
ピンクや白の山ボウシ 銅葉のスモークツリーや黄金葉のカエデ 垂れ下がるクレマチスの下で、渾然一体となった花たちの彩りをオープンガーデンで楽しんでいただきたいです。
7月1日(日)までの金・土・日 AM10:30~PM4:00 です

円形のステップからパーゴラをのぞむ
   手前左はメギ 上部には銅葉のスモークツリー
e0017562_16572633.jpg

ジギタリスとサルビアスクラレア
e0017562_16575556.jpg

ゲラニュームロザンネェイ
e0017562_16582692.jpg

サマーハウスに向かって 手前は黒花ナデシコ
e0017562_16585674.jpg

バラ カフェとカンパニュラ
e0017562_17193110.jpg

バラ ボレロ
e0017562_17211530.jpgバラ イエローボーダー
e0017562_17214690.jpgバラ ルイリール
e0017562_17221638.jpgバラ カーディナルドリシュリュー
e0017562_17225693.jpgバラ メアリーマグダリン
e0017562_17201181.jpgバラ ロサモエシーゼラニュームとシティオブヨーク
e0017562_17204694.jpgバラ カーディナルヒューム
e0017562_17232600.jpg

サマーハウス前
e0017562_17235696.jpg

庭の真ん中のバラ テスオブザダーバーベルズ
e0017562_17242632.jpg


[PR]
by mfthirano | 2018-06-11 01:20 | オープンガーデン | Comments(0)

バラの園の前の宿根草の花畑になってきました

18'6.4 庭に花が増えているときにベランダの修理に追われています

 とんとんトントン 土日の山中湖の別荘地に釘打ちの音が響きます
6月8日からのオープンガーデンを前に ベランダの修理塗装に忙しいです
朝4時半からは 庭じゅうに特にバラと花魁草に 納豆菌をかけています
バチルス菌という納豆菌の一種です 春から6回目で120ℓ撒きます
ほかの薬剤と違って撒く人の身体に優しく ウグイスたちにも好評です
草花の手入れと来客の準備 今が一年で一番目のまわるような忙しいときです
今年はバラの見ごろにどこにもいけず ただ庭つくり一筋です
二人で見に行きたいといいながらも今年も体が動いていることに
喜びと感謝の気持ちでいっぱいです

 それにしても今年は花の時期が早いです
遅かった去年と比べると2週間は違い 次々咲く花たちに追われています
今週は九州から梅雨入りとのこと オープンガーデンは今年もつゆ雨とのにらめっこです
オルレアやデルフィニューム それにアルケミラモーリス アストランティアやジギタリスなど
毎年おなじみなんですが 明るい可憐な花々に庭が明るく華やかです
早咲きのバラたちが早くも一番花を付けて 彩りを添えています

 早く6月8日になってもらいたい 見に来てもらいたいと気持ちは逸ります
    オープンガーデンのご案内
e0017562_04002822.jpg

オルレアが始まりました
e0017562_14051538.jpg

サマーハウス前
e0017562_14055379.jpg

白露錦やなぎへの道
e0017562_14062571.jpg

オリエンタルポピー
e0017562_14090579.jpg
ポピーレディーバードと黒花フウロ
e0017562_14093820.jpg
レンガ花壇
e0017562_14100786.jpg

シレネスワンレイク
e0017562_14104363.jpg
セイジの花芽とバラ ロサユーゴニス
e0017562_14113801.jpg
箱根ウツギバリエガータと小手マリ大手マリ
e0017562_14121220.jpg

オリビアローズオースティン
e0017562_14490687.jpg
バラ ムンステッドウド
e0017562_14492907.jpg
バラ レイ
e0017562_14501413.jpg

バラ ロサモエシーゼラニューム
e0017562_14503843.jpg
バラ ミクルゴサ
e0017562_14512229.jpg
バラ エグランティーヌ
e0017562_14515822.jpg
バラ ロサキネンシスアルバ
e0017562_14521173.jpg
[PR]
by mfthirano | 2018-06-04 04:02 | 一面の花 | Comments(4)


富士と山中湖にいだかれる地に至福のナチュラルガーデンを求めて [MF GARDEN(塚原)のアクセスです] 画像をクリックして!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧